白露とは?由来や意味そして時期を知り日本の文化を学ぶ!

9月は、白露の時期です。

白露とは、白露の由来や意味、今年の白露はいつなのかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

白鷺(はくろ)とは?

白露由来
白露は、季節をあらわす言葉の一つで、二十四節気の第15番目にあたります。露は、この秋が訪れる季節に、朝になると草花に朝露がつき始めることを指しています。

白露は、毎年9月8日頃、あるいは9月8日から次の節気の秋分の前日までの期間を白露と呼びます。年によって、1~2日程度のズレがデますが、例年9月8日頃です。

定気法では太陽黄経が165度の時で、9月8日頃で、恒気法では冬至から17/24後で、9月6日頃になります。白露の期間としては、白露の日から次の節気の秋分前日までになります。

由来

白露は、秋の季語で、暑さが処する処暑が過ぎ、昼と夜の長さが同じの秋分までの間に白露があり、空には夏の入道雲に代わって、秋らしいうろこ雲が見られるようになります。

白露は、陰気ようやく重なり、露凝って白しという語句から名づけられたものです。暑さが治まり始め、草花に朝露がつくようになるという意味もあります。

この白露の季節は、大気が不安定で雨の日が多くなります。秋雨前線や秋の長雨と呼ばれ、この時期の雨が大きな被害をもたらすこともあるので、注意が必要です。

この頃の満月は、中秋の名月と呼ばれていて、団子とすすきを飾って、月見をします。

[京都二十四節気]白露

意味

白露は、草の葉に白い露がむすぶという意味です。夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられたと考えられます。夏の終わりの時期で、ススキが野に目立ち、空も高く感じられるようになり、徐々に秋が深まってくる季節です。

雨の多い季節ではありますが、一方で小学校などの運動会シーズンを前にした練習が始まる頃であり、熱中症が心配であった夏には出来なかった屋外スポーツや散策に適した時期になり、ジョギングやウォーキングなどを始める人が増えてくる季節です。

最近は、ジョギングのブームということで、皇居の周辺や国立競技場の周辺でジョギングをしている方を多く見かけます。

ただ、一般の通行人や散歩をしている方と接触する危険性や、自転車との衝突のリスクも有り、社会問題になっている面もあります。

また、コンクリートやアスファルトで長距離を走行することは、骨への負担があり、特に高齢者の方には進められない要素もあるようです。むしろ、ゆっくりとウォーキングをするのがおすすめです。

白露の季節に、景色を眺めながら、静かに散策を楽しむことが良いと思います。

今年はいつ?

2015年の白露は、9月8日になります。期間としては、9月8日から秋分までになります。日中は暑さが残っていますが、朝夕の涼しさと少し肌寒さも感じ始める頃です。

9月8日といえば、日中はまだ暑さが盛りの時ですが、朝晩には冷たさも感じ始める頃で、草花に露がつき始める時期が白露になります。

Sponsored Links

体験談

中秋の満月に、月見をした経験があります。

中秋の名月は、古来より月を見るには絶好の季節とされてきて、月下に酒宴を催して、すすきを飾り、月見団子、枝豆、栗などを盛り、月見を楽しんだことがあります。

お酒の量が多くなってくると、月を愛でるというより、酒を肴に会話に熱中することになりますが、白露の時期に、中秋の名月を眺めながら、一献酌み交わす風習は、是非とも末代まで残したいものです。

まとめ

由来 白露
白露の頃は、1年の中でも最も気候が良く、中秋の名月をみることや、スポーツを楽しむこと、色々な食べ物を食べることなど、活動するには絶好の季節ではないかと思います。

この機会に、安全な場所でスポーツを楽しむことや、散策に出かけるなどにチャレンジしてみたら宜しいと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ