秋分の日とは?由来や意味そして時期を知り日本の文化を学ぶ!

9月は秋分の日があります。秋分の日とは、秋分の日の由来や意味、今年の秋分の日はいつかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

秋分の日とは?

秋分の日 由来
秋分の日は、日本の国民の祝日の一つです。

1948年に、お寺参りの日や先祖供養の日など、宗教的な慣例としてのまつりの日だけの意味ではなく、より広い意味で、祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日として、国民の祝日に法律で制定されたものです。

由来

古来、日本の農村などでは、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃は豊作を祝うという自然信仰がありましたので、山の神様としての祖先の霊を春分の前には山から里に迎え、秋分が過ぎると里から山へ贈る儀式が行われてきました。

春分と秋分の時期に、自然と祖先に感謝をする習慣がありましたが、特に秋彼岸の時期は農作物の収穫時期と重なっていますので、自然の恵みに感謝し、ご先祖様に感謝する風習が根付いていたと考えられます。

仏教が浸透し始めると、秋分は秋の彼岸として、祖先を供養する意味を持ち始めました。明治時代に、宮中において、秋分の中日を秋季皇霊祭と定めて祖先をまつる日としました。

秋季皇霊祭は、歴代の天皇や皇后、皇親の霊を祭る儀式で、宮内庁が公開している皇室の主要祭儀一覧によると、秋分の日に皇霊殿で行われるご先祖祭りとされています。一般市民の間にもその影響が及び、宮中と同じようにまつることが定着していきました。

秋分の日日の出

意味

秋分や春分の3日前の日を彼岸の入りと言いまして、3日後を彼岸の明けと言います。その7日間を彼岸と呼びます。

秋分と春分は、彼岸の中間にあたるので、彼岸の中日と言われます。元々彼岸は、仏教用語で、煩悩に満ちた世界から解脱した、悟りの世界を指しています。

つまり、彼岸は、亡くなった先祖たちの霊が住む世界のことになり、その祖先の霊を供養するために、彼岸には墓参りに行くのです。

秋分の日は、春分の日と同様に、昼の長さと夜の長さが同じくらいになる日です。

ただ、秋分の日のほうが、春分の日よりも昼の気温が10度くらい高いので、まだ夏の暑さが感じられる頃になります。秋分の日は秋彼岸と呼ばれ、1週間ほどは墓参りや祖先供養の法会が行われます。

今年はいつ?

2015年の今年は、9月23日(水)が秋分の日になります。

秋分の日は、国立天文台が作成する暦象年表という小冊子に基づいて閣議で決定され、前年2月第1平日付の官報で発表されます。春分の日と秋分の日は、国立天文台が太陽の位置を計算して決めます。

2015年は、2014年の2月の官報で発表され、3月21日(土)と9月23日(水)に正式決定されています。

ちなみに、2016年は2015年の2月2日付の官報で、春分の日を3月20日(日)、秋分の日を9月22日(木)とする暦要綱が発表され、正式決定されています。秋分の日は9月23日が多く、22日となるのは12年以来です。

天文計算上は、1979年は9月24日で、1980年から2011年までは毎年9月23日で変わらず、2012年から2044年までは閏年に限り9月22日で、平年は9月23日と計算されます。2012年の秋分の日は、116年ぶりに9月22日でしたが、当時の祝日法では振替休日が発生しない土曜日と重複しました。

Sponsored Links

体験談

秋分の日の墓参りに行ったことがあり、まだ暑いと感じた記憶があります。

墓参りは、都会でも地方でも出来ますので、秋や春の決められた日に墓参りをして、祖先の霊を偲ぶことが大切だと思います。

まとめ

由来 秋分の日
秋分の日は、少し暑い頃だと思いますが、季節の節目に行う日本の大事な慣習です。

墓参りをしながら、祖先の霊を供養することが大事であり、日本の季節を感じる祝日として、いつまでも引き継いでいきたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ