鹿児島人気のお土産はコレ!誰にでも喜ばれるおみやげは?

皆さん、鹿児島県を訪れたことがありますか?

本土最南端の県ですが、東京や大阪からは、鹿児島に行くよりも沖縄に行く飛行機代の方が安かったり、車で行くには遠すぎたりして、なかなかお勧めするには勇気がいるのですが、でも、雄大な活火山の桜島を見ながら、錦江湾沿いにある明治維新の遺産を見学したり、指宿の砂蒸し温泉に浸かったりと、他の地域とはまた一味違った雰囲気を味わうことが出来ます。

そして、帰宅前に買うお土産。鹿児島県でも人気のお土産はたくさんありますが、私の独断で作ったトップ5をご紹介します。

Sponsored Links

喜ばれるお土産を選ぶポイントは?

鹿児島人気のお土産
これは鹿児島県に限らず、どこのお土産を買うにしても注意したい点ですが、「その土地にしかないもの」を選ぶことが重要です。

今は、どこかで美味しいスイーツが評判になると、少しネーミングを変えたり、パッケージを変えたりして売られている品も珍しくありません。

「これ、ここの名物品ですから~」と言われて買った物が、どこかのお饅頭とまったく同じ味だった、という事もありますので、そのあたりを良くリサーチしてから、買い求めましょう。

鹿児島人気のお土産

  1. 黒酢

    黒酢本舗 桷志田(かくいだ) 福山黒酢株式会社
    鹿児島県霧島市福山町2888
    ℡ 0120-028-962

    健康食品の代表選手である「黒酢」。サプリメントでよく「○○黒酢」などと言うのがありますが、その生産地のほとんどが鹿児島県内であることには、私も驚きました。ということで、たくさん生産者がいますが、その中でも黒酢を使ったレストランを持っている所がありますので、そこを紹介します。レストラン内では、各種黒酢の試飲もできます。

  2. かるかん

    かるかん元祖 明石屋 本店
    鹿児島市金生町4-16 ※他にも多数支店があります。
    ℡ 0120-080-431

    鹿児島で取れる「自然薯(じねんじょ=山芋の粘り気が強いもの)」と米の粉の一種である「かるかん粉」と小豆餡を用いて作られたお饅頭です。鹿児島を代表するお菓子として、トップに挙げられますが、もしかすると若者には、口当たりが好まれないかも~と思い、4位にしました。

  3. Sponsored Links

  4. 唐芋レアケーキ

    唐芋レアケーキ(有) フェスティバロ 本店
    鹿屋市西原4-12 ※他にも多数支店があります。
    ℡ 0120-75-9320

    鹿児島県の特産物と言えば「からいも」。そのからいもをふんだんに使った、口当たりのいいケーキがあります。通常冷凍保存されていますので、クール便で発送する事もできますし、5~6時間で自然解凍しますので、自宅に着いた頃には食べ頃になっています。お値段もリーズナブルで、老若男女、どの年代の方にも好まれます。

  5. 芋焼酎

    ドルフィンポート内 「薩摩酒蔵」
    鹿児島市本港新町5-4
    ℡ 099-221-5823

    鹿児島県のお酒と言えば「芋焼酎」。これはもう全国的にも有名ですし、全国どこでも販売されていますが、鹿児島に来たからには、なかなか手に入らないレアな焼酎をゲットして帰りましょう。ただし、「村尾」「魔王」「森伊蔵」の「3M」と言われる焼酎は、ここ鹿児島でもなかなか手に入れることは出来ません。それ以外にも、屋久島の「三岳」、長嶋の「島美人」などや、島の「黒糖焼酎」もありますので、ご自分の一本を見つけてください。

  6. つけあげ(さつまあげ)

    勘場かまぼこ店 本店
    いちき串木野市旭町40 ※各地に支店があります。
    ℡ 0120-325-523

    鹿児島県は海に面した地域が多く、そのため古くから漁業が盛んでした。そして刺身に適さない小さな魚などをすり身して揚げたのが「つけあげ」です。その種類は豊富で、大きさや形、中に入れる具材などで分類すると50種類以上になるでしょう。どんな小さなお店でも「つけあげ」の置いてないお店は無いくらい、鹿児島県民にはポピュラーな食材です。そのまま食べるのもよし、レンジでチンしてアツアツを食べるのもよし、かまぼこのように野菜炒めや焼き飯に入れてもよし、という具合にレパートリーも広く使えます。ぜひ一度、ご賞味あれ!

  7. まとめ

    人気のお土産 鹿児島
    独断と偏見のベスト5でしたが、他の方々に聞いても、だいたいこれで大丈夫!という自信はあります。それよりも残念なのは、たった5つしか紹介できなかった事。

    高さが20cmはあろうかというかき氷の「しろくま」や、生産額で日本1、2位を争う「黒豚」や、桜島の温暖な気候で大きく育った「桜島だいこん」や、巨峰の一粒の大きさ位の「桜島小みかん」など、みなさんに紹介したいものが、まだまだたくさんあります。

    ど~か、かごっまに きやったもんせ!(どうか、鹿児島に来てくださいね)

    スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ