鹿児島の人気ある道の駅はココ!人気ランキングで紹介

幹線道路沿いに建っていて、その土地の特産品などが販売されていたり、レストランや温泉も併設されていることのある「道の駅」。

「あそこはお刺身が新鮮だよね」とか「ここは野菜が豊富だよ」とか言って、立ち寄る「道の駅」ですが、さて、ここ鹿児島県では、どこがおススメ?

私としっしょに探してみましょう。

Sponsored Links

道の駅とは?

鹿児島 道の駅
わたしたちが何気なく呼んでいる「道の駅」は、実は国土交通省が認定している施設のことで、2015年4月15日現在で、全国に1059駅が登録されているそうです。

北海道が全国でいちばんその数が多く115か所ですが、まぁ、その面積の広さと農産物、水産物の豊富さを考えると当然のことでしょう。我が鹿児島県も21か所とそこそこ健闘しております。

その目的は、道の駅の「沿道地域の文化、歴史、名所、特産物などの情報を活用し多様で個性豊かなサービスを提供する」ことですので、全国各地に個性あふれる道の駅があります。

鹿児島人気の道の駅ランキング

という訳で、それぞれの「道の駅」では、それぞれの特徴があるので、簡単にはランキングできません。

そこで、ドライブ方式で、鹿児島県を南下しながら「道の駅」を訪ねていくことにします。では、発車オーライ!!

道の駅 黒の瀬戸だんだん市場

住所 鹿児島県 出水郡 長島町 山門野 4093
℡ 0996-65-2222

熊本県水俣市から、国道3号線を南下すると鹿児島県出水市に入ります。そのまましばらく行くと国道389号線への分岐点が。そこへ右折し進んでいくと、長島と本土を結ぶ「黒の瀬戸大橋」があり、そこを渡った所に「道の駅 黒の瀬戸だんだん市場」があります。何と、ここ長島は「ぶりの養殖 日本一」なんです。ですから店内には、ぶりを始めとした新鮮な海産物を中心に、長島でとれる農産物もたくさん売られています。近所には、生きのいいお魚を食べさせてくれる食堂もたくさんあります。

道の駅 阿久根

住所 鹿児島県 阿久根市 大川 4818-6
℡ 0996-74-1400

さて、長島からまた国道3号線に戻りましょう。そのまま南下すること小1時間。東シナ海の海岸線が続く中に「道の駅 阿久根」はあります。ここの一番の売りは、何と言っても「阿久根ボンタン」。大きいものでは直径20cmぐらいになる「みかん」の一種です。果肉はグレープフルーツのような味わいで、厚さ2~3cmにもなるその皮は、「ボンタン漬け」として砂糖漬けにされ売られています。またレストランには、近海の魚介類を中心としたメニューがあり、とくに「キビナゴ御膳」は鹿児島を代表する味です。

道の駅 霧島

住所 鹿児島県 霧島市 霧島田口 2583-22
℡ 0995-57-1711

またもや3号線に乗ります。鹿児島市内に入り、今度は国道10号線に乗り替え、途中から国道223号線に乗り、ひた走ること約1時間。霧島温泉郷の一画にある「道の駅 霧島」に到着します。今までは海岸沿いでしたが、今回は標高670mの高さにあり、そこから見える桜島や錦江湾などの遠景は、絶景です。隣には「神話の里公園」があり、そこにもレストランや特産品売り場があります。霧島は、悠久の昔、アマテラスのオオミカミがご降臨された場所、という伝説があるのをご存知ですか?そんな神話伝説にも触れることが出来る場所です。また、この地域はブルーベリー栽培が盛んで、収穫期の7月初旬から8月中旬にはブルーベリー狩りも体験できます。


Sponsored Links

道の駅 たるみず

住所 鹿児島県 垂水市 牛根麓 1038-1
℡ 0994-34-2237

標高の高い山に登って、ちょっと身体が冷えてしまいませんでしたか?今度は、山を下り霧島市国分まで走ります。そこから今度は国道220号線に入り、一路垂水市へ。すぐ右手に「道の駅 たるみず」が見えてきます。ここのいちばんの売りは「湯っ足り館」。そう、温泉なんです。桜島の噴火口を目の前に見ながら、ラドン温泉に浸かってみませんか?「温泉までは~」という方も大丈夫!ここには「足湯」もあるのです。こちらは無料ですし、ゆ~ったりと足を浸してみてください。そして、ここ垂水もぶり・かんぱちの養殖地。新鮮なお刺身をタップリ食べることができます。

道の駅 すえよし

住所 鹿児島県 曽於市 末吉町 深川 111051-1
℡ 0986-79-1900

鹿児島県の道の駅めぐりも、もう最後になりました。今度は高速に乗りましょう。霧島市国分まで戻り、東九州自動車道に乗り、末吉を目指します。末吉で高速を下り、10分ぐらい国道10号線を走ると交差点の角に「道の駅 すえよし」が見えてきます。ここ末吉では畜産が盛んなことをご存知ですか?ということで、ここの「レストラン四季亭」では、黒豚・黒牛のお肉をたっぷり使ったお料理を食べることができます。旅の締めには、バッチリですね。

まとめ

鹿児島 道の駅
「道の駅 すえよし」から20分も走れば、もう宮崎県都城市です。熊本県境から宮崎県境まで、鹿児島の「道の駅」をめぐる旅、いかがでしたか?

実際にこの行程を1日で走るのは、ちょっと大変でしょうが、鹿児島に来られた際にはぜひお立ち寄りください。

さらに、鹿児島県は、桜島と錦江湾を挟んで、東西ふたつの半島に分かれていて、それぞれの先端まで「道の駅」が並んでいます。こちらの方もお忘れなく!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ