加齢臭の原因は?中高年になると臭いを発する場合の対処法!

「匂い」というのは、自分ではなかなか気が付かないものです。特に、口臭や頭皮の匂い、体臭などは、嗅覚が「慣れ」てしまうので、誰かに指摘されるまでわからないことが多いものです。

人は、年齢を重ねると徐々に体臭が強くなることが知られており、それを加齢臭と呼んでいます。

もしかしたら、あなたもすでに加齢臭を発していて、周囲の方にご迷惑をかけているかもしれません。

わたしの場合は、妻または娘から「臭い」と言われ、外出禁止となりますので、家を出るときは対策完了済みです。

Sponsored Links

加齢臭の原因は?

加齢臭 原因
なぜ人は年を取ると加齢臭が発生するのでしょうか?

加齢臭の原因は、皮脂腺中にある脂肪酸(パルミトオレイン酸)と過酸化脂質により合成されるノネナールにあります。

このノネナールの特徴は若い人にはほとんどなく、パルミトオレイン酸、過酸化脂質が増加する40歳以上に多いことにあります。だから、この匂いが加齢臭と呼ばれています。

生活習慣との関係

メタボリック・シンドロームを指標とする生活習慣病も加齢とともに発生率が高くなり、加齢臭と深く関わりがあります。

脂っこい食事、お酒、仕事過多による睡眠不足、運動不足等々が、生活習慣病の原因と言われていますが、そっくりそのまま加齢臭の原因でもあります。

不健康な生活習慣は、皮脂腺中の脂肪酸を増加させますので、加齢臭の元であるノネナールの合成を促進させてしまいます。

生活習慣を改めることは、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の予防になるとともに、加齢臭の予防にもなるのです。

ストレスと加齢臭の関係

前述したように、加齢臭の原因であるノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が合成した物質であす。このうち過酸化資質は、身体の中の活性酸素により作られます。活性酸素は、ストレスが蓄積されると体内に増加することが知られています。

加齢臭の原因の一つは、ストレスです。ストレスは、生活習慣病や不眠症、抑うつ症などの現代病の原因でもあります。言い換えれば、加齢臭は健康状態低下のサインとも言えるでしょう。

食べ物は関係あるの?

日本人は、和食を中心とした低脂肪・高繊維質な食事により、体臭の少ない民族でしたが、最近は高タンパク・高脂肪という西洋風な食事の増加により、加齢臭も増加傾向にあります。

具体的にパルミトオレイン酸の元となる脂質が多い食事・食材を列挙しますと、牛肉、ベーコン、卵、ドレッシング(オイル製)、揚げ物(フライドポテト・チキンなど)、チーズ・ウインナーなどの加工食品などがあります。

お酒のおつまみにピッタリなものが多いですね。一緒にビールを飲み、喫煙、夜更かし&睡眠不足となると、生活習慣病と加齢臭、まっしぐらです。 

Sponsored Links

対処法

もっとも効果的な加齢臭対策は、原因物質であるノネナールを減少させることです。ノネナールはパルミトオレイン酸と過酸化脂質により合成されることがわかっていますので、

脂っこい食べものを控えることと、活性酸素の増加を防ぐ抗酸化作用の強いビタミンCやEが豊富なほうれん草やかぼちゃなどを積極的に食べましょう。

飲み物はカフェインを含むコーヒーは控えて、抗酸化作用のあるポリフェノール、カテキンを含む飲み物、例えば緑茶などにすることをおすすめします。

過酸化脂質の元になる活性酸素抑制も必要です。活性酸素は喫煙・ストレスにより、体内に増加しますので、タバコは控える、ストレスを感じたら休息をとる、スポーツや軽い運動でストレスを解消し、適度な疲労感とそれによる良質な睡眠で回復に努めましょう。

体臭・加齢臭でお悩みの方必見。 スッキリ炭

まとめ

加齢臭は、生活習慣病の兆候と捉えることもできます。健康的な生活で、加齢臭を発生させないようにしたいものです。

もし加齢臭が出てきたら、低タンパク・低脂質な食事とストレスの少ない生活に改め。生活習慣を改善してください。

また、身体から出る加齢臭は抑えられても、衣服に染み付いた匂いは取れません。服や肌着に匂いが残っていないかチェックしましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ