女性にも加齢臭はあるの?原因と対策を清潔感を醸し出す!

加齢臭というと「オヤジの匂い」というイメージが強いですが、実は女性にもあるのです。

女性の場合は、加齢臭の元となる脂肪酸の分泌が女性ホルモンで抑制されていますが、女性ホルモンの分泌が減少する40代以降は、むしろ男性よりも深刻です。

Sponsored Links

加齢臭とは?

女性 加齢臭
若いうちはほとんど問題ないのですが、40歳以上の中高年になるとメネナールという臭気物質が合成されるようになります。

このメネナールは、皮脂腺中のバルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質により生成されます。これが「オヤジ臭」の原因物質です。

男性の加齢臭との違い

女性は40歳前後から女性ホルモンの分泌が減少し始め、それまでホルモンバランスにより抑えられていたバルミトオレイン酸と過酸化脂質が増加し、加齢臭の元であるメネナールが生成されやすくなります。

男性は60歳前後から男性ホルモンの分泌が減少し始め、つれて皮脂の量も減少していくため、加齢臭が少なくなっていきますが、右肩下がりで女性ホルモンが減少する女性は皮脂の分泌を抑制できなくなり、ドンドン加齢臭が強くなっていく傾向があります。

原因

普通の体臭は汗と細菌が原因で発生しますが、加齢臭は皮脂腺中の脂肪酸と過酸化脂質が反応してメネナールが原因です。

女性の場合、加齢とともに減少する女性ホルモンが大きな要因ですが、その他にも高脂質・高タンパクな食事、アルコール、喫煙、睡眠不足、運動不足、ストレスの蓄積等が脂肪酸と酸問脂肪酸を誘発し、加齢臭の原因となります。

Sponsored Links

対策

食生活の改善
近年は、欧米型の高タンパク・高脂質な食生活に変化しており、加齢臭の元となる脂肪酸(パルミトオレイン酸)の摂取が増加しています。野菜・お魚中心の和食を増やして、余分な油脂の摂取を控えましょう。

アルコール、タバコ
適量のお酒は食欲増進、寝付きの改善など健康に良い点もありますが、アルコール自体は肝臓毒です。分解時に生成されるアセトアルデヒドは、加齢臭気のメネナールの匂いに似ていますので、より強い加齢臭になります。タバコは過酸化脂質を作る活性酸素を体内に発生させますので、加齢臭には厳禁です。節煙または禁煙しましょう。

睡眠不足、運動不足、ストレス
睡眠不足、ストレスの蓄積は、体内の活性酸素を増加させます。逆に運動は身体の酸化抑制効果(有酸素運動が特に有効)があり、ストレス発散にもなりますし、適度な疲労が良質な睡眠につながり、一石三鳥です。ウォーキング、軽いジョギングを生活に取り入れては如何でしょうか。

シャンプー、ボディソープ
加齢臭に気がついて体質改善対策を始めても、効果が現れるまでには時間がかかります。つなぎの対策として、皮脂を落とすという方法もあります。皮脂を落とそうと強く洗いすぎると肌を傷つけてしまいますので、泡で汚れを落とす感じで優しく洗ってください。毎日シャンプーするという場合は、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。

フレグランス
フレグランスは香りの成分により逆効果となることがあります。加齢臭気であるメネナールと似通った香りのムスク、シラカバは加齢臭の相乗効果となります。40代以上の方は香り成分に気をつけましょう。加齢臭対策フレグランスとして、バラの香りのローズオイルが人気です。バラは女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

女性用加齢臭対策石鹸/美香小町を泡立ててみた

まとめ

人は男女を問わず、年齢を重ねれば加齢臭が出てくるものです。しかし、しっかり対策を行えば、抑えることはできます。

加齢臭を抑える方法は、前述したとおりいろいろありますので、1つではなく複数の項目に取り組むことで相乗効果が期待できます。自分に合った方法で加齢臭対策に取り組みましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ