大寒とは?由来や意味そして時期を知り日本の文化を学ぶ!

大寒は、1年で最も寒い日と言われます。

大寒とは、大寒の由来や意味、今年はいつなのかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

大寒(だいかん)とは?

大寒 由来
大寒は、二十四節気の第24番目です。定気法では、太陽黄経が300度の時で1月20日頃です。恒気法では、冬至から1/12年後で、やはり1月20日頃になります。

期間としては、1月20日から2月3日の立春前日までです。

七十二候では、初候は蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出し、次候は沢に氷が厚く張りつめ、末候で、鶏が卵を産み始めるとしています。

由来

二十四節気は、季節をあらわす四季よりも、1年を細かく24に分けています。

1年を24で割ると、ひとつの節気は15日になり、詳細な気温や天候の変化を把握出ますので、農業従事者を中心に古来より活用されてきました。

その二十四節気のひとつが大寒であり、字義通り1年で最も寒い時期とされております。

暦上は、1月20日からの時期が最も寒い時期ということですが、実際には1月26日頃から2月4日頃までの時期に最低気温になることが多いので、1週間程のズレがあります。

大寒が終わると、次は立春となり、暦の上では春がくることになります。

[京都二十四節気]大寒

意味

大寒には、寒さが大きいと書くことからもわかるように、冷たい空気が頂点に達して、1年の中で最も寒くなる時期という意味があります。

大寒の時期には、日本各地で色々な行事が行われ、それらの行事の模様がテレビのニュースなどでも放映されますが、なぜ大寒に行事が行われ、どのような意味があるのでしょうか。

味噌や醤油、日本酒、凍り豆腐、寒天などの仕込みは、その寒さを利用して大寒の時期に行うことが良いとされてきました。

気温が低いこの時期の水は雑菌が少ないので、長期保存の必要な味噌などの仕込みに大寒の時期の水を使用することが、実施されてきたのです。

薄着や褌だけで川や海に入る、寒稽古や寒修行と呼ばれる神事も、この時期に行われます。これらは、最も寒い時期に耐えられる肉体の鍛錬と同時に、どのような逆境にも耐えることが出来る強い精神力を養う目的もあると考えられます。

今年はいつ?

2015年の大寒の日は、1月20日です。ちなみに、2016年は1月21日です。大寒の前後は、寒の入りの日や寒の内という期間もあります。大寒は寒の内の真ん中です。

寒の入りは、寒い冬に入るということで、寒の内は、小寒から節分の前日の30日間です。寒の内の時期には、七草や成人の日、センター試験などのイベントや年中行事があります。

成人式やセンター試験が雪に見舞われると、ニュースになりやすい傾向があります。2015年の寒の入りは1月5日で、小寒は1月6日になります。

Sponsored Links

体験談

大寒の思い出は、柔道の寒稽古や寒中水泳などであり、強烈な寒さの感触が残っています。

柔道や寒中水泳を行なっているときは、肉体の鍛錬のための荒行をしているという認識が強く、精神的な鍛錬という自覚はあまりありませんでした。しかし、確かに肉体を鍛えることで精神的なものも強くなったと思いますので、思い返すと意義があることだと思います。

寒中水泳は、神事としての側面もあり、ただ寒さに耐えぬいたというだけでなく、伝統的な行事なのだということで、素晴らしい体験をしたと思います。

まとめ

由来 大寒
大寒は、最も寒い時期で体調などに気をつけたいと思いますが、同時に寒さを利用した色々な行事があり、味噌や酒などの食べ物を仕込むための大切な時期です。

大寒にも見られますように、古くから続けられている慣習には、意義深い理由や意味があると思いますので、これからも大事に引き継いで実施していきたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ