50肩の治療法!自分の心掛けで治す方法はあるの?痛みと原因を探る

50肩は、年齢により発症する方が多い病気です。

50肩とは、症状、痛みの原因、自分で治療する方法、おすすめ治療法などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

50肩とは?

50肩 治療法
50肩は、肩の痛みがあり運動に制限をきたす疾患です。患者の年齢が40歳以降で、明らかな原因がないが、肩の疼痛と運動障害がある病気を50肩と呼びます。

痛みは、片方の肩だけの場合と、もう一方の肩も発症する場合があるが、片方が発症するともう一方も発症する確率が高いようです。

症状

症状は、最初は肩関節付近に痛みが起こって、腕を動かす範囲が狭くなってきます。徐々に痛みが激しくなってきて、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろに動かせなくなったりします。

普段の生活にも支障が出てきて、洗髪や歯磨き、炊事、電車のつり革につかまること、洋服を切ること、寝返りや排便後の尻の始末など、日常生活が困難になります。

初期の症状からピークを迎えるまでは数ヶ月を要しますが、ピークが数週間続いたあとは、痛みが次第に和らいでくることが多いようです。

痛みの程度にもよりますが、激しい痛みを感じなくなるまでに半年ほど、更に物が投げられるほどに回復するには1年ほどを要するケースがほとんどです。

痛みの原因は?

痛みの原因は、老化で硬くなった肩関節の腱や関節包の炎症によります。様々な動作などがきっかけになり、炎症が悪化して肩が上がらなくなった状態を40肩、50肩と言います。

重症の場合は、肩腱板損傷と言いますが、腱が完全に切れてしまう状態ですので、手術が必要になります。痛みが強く激しい場合は、必ず整形外科を受診する必要があります。

痛みは、肩の骨を引き上げる筋肉が骨とつながる部分の肩の腱の炎症で起ります。炎症が起こると、腕を上げた時に晴れた部分が肩の骨とぶつかり。激しい肩の痛みを引き起こします。

関節包は、関節をスムーズに動かすクッションの働きをしますが、炎症による方の痛みで動かさずにいると、変形して肩関節の動きを妨げることもあります。

また、肩の痛みのために肩関節を動かさずにいると、徐々に肩の関節が動きにくくなることもあります。そして、炎症により、腱が石灰化という固まった状態に変化することや骨が変形する場合もあります。

自分で治療する方法はあるの?

肩が痛くなってから1週間から1ヶ月位の間は、出来るだけ動かさず安静にします。熱を持って痛みがひどく炎症が強い時は、ビニール袋に少量の氷を入れタオルで包み肩を冷やす冷湿布をします。10分から20分ほど冷やし、約2時間毎に繰り返します。炎症が弱くなってきたら、少しずつ温めて、肩をゆっくり動かすようにします。

就寝中の痛みや朝起きた時の痛みは、就寝中の体温低下で肩関節も冷えることが原因です。

就寝中は、痛い方の肩を上にして、タオルや肩を保温するサポーター等で保温し、肩が冷えないようにします。首筋にタオルなどを巻いて、冷気の進入を抑えることも効果的です。

風呂あがりの肩が温まって痛みが少ない時に、肩をまわすことや軽い体操も有効です。

ひとりで簡単にできる五十肩の治療
おすすめ治療法

簡単な体操で肩の関節を動かせる範囲まで動かすことや、鎮痛剤も上手に利用します。経皮鎮痛消炎剤の薬は、患部に湿疹や痒みが出た場合は、薬を控え医師に相談します。

肩のおすすめの体操ですが、腕を振り子のように左右に振るアイロン体操は、アイロンを痛む側の手に持って、肩の力を抜いて楽に下げてゆっくり左右前後に振ります。

壁を押す壁押し体操は、両方の肩に均等の体重をかけて、背中の肩甲骨をくっつける感じで肩の関節を動かします。肩関節を動かすタオル体操は、痛みのない方の手でタオル等の棒を上方に持ち上げ、悪い方の手を誘導します。次に痛みのない方の手で、タオル等の棒を下方に引くようにして、悪い方の肩の関節を動かします。

再発を防ぐための机体操は、机に向かって両手で体を支えて、次に膝を曲げ、肩関節の可動域を広げる感覚で、前向き後ろ向きを繰り返します。

Sponsored Links

体験談

50肩は、腕が直角より上にあげられないほどのひどい症状は経験がありませんが、50歳位で肩が痛くなった時期はあります。

ただ、仕事が忙しいことであまり50肩を意識しなかったことと、ゴルフやテニスなどのスポーツは続けていて、いつも肩甲骨を動かしていましたので、結果的に50肩の防止になっていたのかと思います。

まとめ

治療法 50肩
50肩は、原因がはっきりわからないので、防止をしにくいのですが、生活習慣をしっかりさせて、食事や睡眠を十分いとることと、運動を適切に行なって、肩甲骨を鍛えることが重要だと考えます。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ