沖縄人気のお土産はコレ!誰にでも喜ばれるおみやげは?

残念ながら沖縄訪問はまだですが、お土産は何度もいただいています。最近では、昨年、修学旅行に行った娘から。「長時間、飛行機に乗りたくな~い」、「暑いのはイヤダ~」と言っていましたが、帰ってきたら、ウキウキでした。

やはり、南国はココロが弾むようです。うらやましい…。父も連れて行ってくれ…。そんなわけで、今回は娘からの聞き取りと、わたしがもらって嬉しかったお土産をお送りします。

Sponsored Links

お土産を選ぶ上での心遣いは?

沖縄 人気お土産
やはり、南の楽園の沖縄ですから、エキゾチックなお土産が望ましいです。青い空ときれいな海、首里城、美ら水族館。鈍色の冬の日本海を見て育ったわたしとしては、エメラルドブルーって何?って、感じです。

ちなみに、日本最南端の島は東京都小笠原村沖ノ鳥島で、沖縄県ではありません。

沖縄人気のお土産

ここからは、思いっきり個人的にもらって嬉しい沖縄のお土産です。

店舗名:株式会社 泡盛館

お土産名:泡盛各種
住所:〒903-0826 沖縄県那覇市首里寒川町1-81
電話番号:098-885-5681
URL:泡盛各種

人気の理由
すみません、お酒好きなものですから。ここのお店では沖縄県内48箇所の酒造所、1000種もの泡盛が入手可能です。無料試飲もありますので、お好みの泡盛を探すことができます。長期間貯蔵された「古酒」が味わえるという、泡盛専門店。10年物をいただきましたが、旨かった!いつか、必ず訪れる予定です。

店舗名:株式会社 沖縄県物産公社

お土産名:沖縄豚肉みそ
住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3-2-22
電話番号:098-864-0143
URL:沖縄豚肉みそ

人気の理由
お酒も好きですが、その原料ととなるお米も大好きです。となると、当然ご飯のお供が欲しくなりますので、沖縄名産の豚肉みその出番です。3つくらい買ってきて欲しい。

店舗名:有限会社 新垣ちんすこう本舗

お土産名:ちんすこう
住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1-3-68
電話番号:098-867-2949
URL:ちんすこう

人気の理由
沖縄土産の定番中の定番、ちんすこう。娘の修学旅行のお土産もちんすこうでした。ちんすこうをホワイトチョコでコーティングした「ちんすこうショコラ」の人気が高いです。こちらはまだ食べたことがありませんので、沖縄観光に行く方にリクエストします。

Sponsored Links

店舗名:株式会社 御菓子御殿

お土産名:紅芋タルト
住所:〒904-0328 沖縄県中頭郡読谷村字宇座657番地1
電話番号:0120-040-892
URL:紅芋タルト

人気の理由
これも沖縄土産の定番商品です。ちんすこうと並ぶ2トップ。どこのお土産屋さんでも手に入るので、購入しやすいお土産です。姉妹品の「紅芋生タルト」は未経験なので、ぜひこれも食べてみたいのですが、冷蔵輸送が必要らしいのでお土産に期待するのは、難しいかもです…。

店舗名:ファーマーズマーケットやんばる

お土産名:マンゴー
住所:〒905-0011 名護市宮里4-6-37
電話番号:0980-50-9885
URL:マンゴー

人気の理由
夏季にしか手に入りませんが、やはり取れたてのマンゴーは美味しいです。お土産屋さんで買うと贈答品価格のため高価ですが、JA直販のファーマーズマーケットならお手頃価格でゲット可能です。潰れやすいのでお持ち帰りが大変ですが、それだけの価値があります。

沖縄お土産体験

 
新婚旅行で沖縄に行った友人から、オリオンビールと泡盛をいただいたことがあります。

重くて大変だったろうなぁと感謝しつつ、速攻で飲んじゃいましたが(笑)度数の高い泡盛のアルコールが、胃に突き刺さるようで、美味しかったです。

まさに「五臓六腑に染み渡る」っていう感じです。次は、自分で買いに行きたいものです。

沖縄のおみやげがきた

まとめ

日本を代表するリゾート地沖縄。3泊4日で行った娘曰く、「物足りん!」ということでしたので、ゆったりとした日程で訪問したいものです。海と観光を満喫し、飲んで食べる!で、のんびりとお土産選びができたらいいなぁと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ