子供あせもの治し方!原因と対策を学び猛暑に備える

元気に遊ぶ子供は汗っかきです。どんなに暑くても外で遊ぶのが大好きです。そこで心配になるのがあせもです。子供は汗をかいてもかきっぱなしで。

自分から汗を拭いたりしません。かゆみを我慢することもできません。そのためにあせもがひどくなってしまうこともあります。あせもの原因と対策を学んで、猛暑を乗り切りましょう。

Sponsored Links

子供あせもの特徴

子供 あせも 治し方
あせもは首、ひじやひざなどの関節、おしり、背中など汗をかくところはどこにでもできます。大人でもあせもはできますが、圧倒的に子供に多い皮膚トラブルです。

子供は症状がでやすく、あっというまに悪化しやすいのが特徴です。またかゆみを我慢できずにかきこわしてしまうことがよくあります。

特に寝ている時等に無意識にかいてしまうのでどんどんひどくなってしまうのです。ひどくなるとじゅくじゅくした膿がでて「とびひ」の状態になってどんどん広がってしまいます。

原因

汗は汗腺という汗の通り道から分泌されるのですが、子供も大人も汗腺の数はほとんど変りません。体が小さいのに汗腺が多いので子供はたくさん汗をかきます。

その汗が汗腺にたまってしまうと、汗の管の周辺の組織に汗が流れだします。そのために、炎症や赤くてかゆい湿疹ができてしまいます。

これがあせもになってしまうのです。また、皮膚は外界からの刺激をシャットアウトするバリアになっているのですが、子供はバリア機能が未発達のため、ちょっとしたことで皮膚の炎症がおきやすいのです

あせもできちゃった

対策

汗が皮膚についている時間を少しでも短くしてあげることがポイントです。時々汗をかいてないかチェックしてあげて、子供の肌着や衣類が汗でぬれていたらこまめにとりかえてあげましょう。

皮膚に密着するようなぴったりしたデザイン、小さめのサイズは避けるようにします。赤ちゃんはおむつをこまめにとりかえます。

自分では汗を拭かないのが子供。大人が気づいたら清潔なタオルかハンカチでそっと汗を拭いてあげましょう。濡らしたタオルの方が汗を拭くのに効果的です。

外出時に濡らした「おしぼりタオル」を持参してこまめに拭くとあせも予防になります。汗をかいたあとはシャワーかぬるめのお湯で洗い流します。

暑い日には1日1回の入浴では足りないので、頻繁にシャワーをあびたり、行水、プールなどをすると良いです。そしてかきこわさないように爪を短く切っておきます。室内にいるときはエアコンを利用して、汗をかかないようにします。

Sponsored Links

治し方

小さな白い水泡だけなら、汗をふいて患部を清潔に保ち、こまめに着替える事で自然と治ります。もしもかゆみを伴う赤いぶつぶつができたら外用剤で治療します。

万一かきこわしてしまい、化膿してしまったら早急に治療が必要です。すぐに皮膚科を受診しましょう。化膿するとこわいとびひになることがあります。とびひは皮膚が細菌に感染することで発症します。

人にうつることもある病気です。とひびがさらに悪化すると、あっというまに全身に広がります。まれに腎炎になることもあるので十分注意します。

まとめ

あせも 子供 治し方
子供の場合あっというまにあせもが悪化するのでこわいですね。朝はすべすべしたお肌だったのに、夜になったらあせもができていたなんてこともあるくらいです。

特に細菌感染が心配です。そのうち治るでしょうとあせもを放置しておくのは良くありません。小さなお子様は常に親が気配りをして、汗対策をしてあげましょう。

子供は特に寝入りばなや昼寝の時にたくさん汗をかきます。クーラーで室内温度を25度以下に設定して快適な温度を保ちましょう。子供のあせも対策はなかなか大変ですが、汗対策を十分にして猛暑をのりきりましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ