禁煙中眠気が襲う原因は?眠たさを克服して煙草をやめる

禁煙中の眠気は耐えられない辛さがあります。

煙草と病気の怖ろしい関係、禁煙中眠気が襲う原因、その解消法などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

煙草と病気の怖ろしい関係

禁煙中 眠気 原因
喫煙は、肺ガンをはじめ、慢性気管支炎、肺気腫などにかかることで、呼吸機能が低下して来ることに関係していると言われます。煙草の有害成分の代表的なものは、まずニコチンです。ニコチンは、麻薬以上に依存性を持つ成分です。次にタールです。

タールには発がん性物質が含まれており、肺ガンなどのリスクに繋がります。また、一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結合して、酸素運搬に支障をきたし、心臓疾患のリスクに繋がると言われています。

受動喫煙という、タバコを吸わない人たちに与える健康被害もあります。また、近年女性の喫煙が増えていますが、妊娠や母乳、肌などに与える影響が懸念されます。

具体的には、肺がん、喉頭がんなどのがん、冠動脈疾患、脳卒中などの循環器疾患、白板症、歯周病などの歯科口腔外科疾患、気管支喘息、肺炎などの呼吸器疾患、勃起機能不全、子宮外妊娠などの生殖疾患等々、広範囲な病気との関連が指摘されています。

「禁煙を成功させる3つの法則」

禁煙中眠気が襲う原因は?

禁煙中眠気に襲われるのは、タバコを吸っていた時に、脳を支配していたニコチンが無くなることで、自律神経が上手く作用しなくなることが原因と考えられています。

禁煙をし始めて、眠ってはいけない時に眠気が起きてしまうので、この眠気に勝てずに結局は禁煙を断念する人もかなりいるようです。

眠気の症状が続くのは、およそ3ヶ月以内と言われていますので、3ヶ月位は眠気対策をして眠気を乗り越えることが必要です。

解消法

眠気に襲われた時に眠れる状態にある場合は、仮眠を取ることが1つの解消法になります。

休憩時間などを利用して10分でも眠ることが出来れば眠気の解消に役立ち、5分位から20分位までの睡眠が取れれば、眠気の対策になると考えられます。

ただ、あまり多く睡眠を摂り過ぎると、自律神経のバランスが崩れてしまいますので、最長でも20分という時間を決めて睡眠をとるのがおすすめです。

解消法の2番目は、規則正しい生活をすることです。今までの生活のリズムが乱れていた人は、生活のリズムを正しくすることにより自律神経が整ってきますので、突然の眠気に襲われることも少なくなってきます。

解消法の3番目は、普段から適度な運動をすることです。運動をすることで、脳が適度な刺激を受けて眠気が和らぐ効果が期待出来ます。運動が無理な状態でしたら、体操やストレッチでも効果があり、脳が覚醒されることになります。

4番目は、コーヒーなどのカフェインを取ることです。ただ濃いコーヒーを何杯も飲むと、胃等に負担がかかり体に良くないので注意が必要です。

最後に、眠気がきた時は人と会話をすることで、眠気が吹き飛ぶ効果があります。

Sponsored Links

体験談

禁煙により眠気に襲われた時は、トイレに行くなどで体を動かしました。その際に、用を足すと同時に顔を洗って眠気を冷ましたことが、非常に効果的でした。

また、同じように体を動かして、水分を摂るようにしました。その際に、コーヒーなどを摂り過ぎると胸やけがするので、水を補給するようにしました。

しばらくすると、眠気に襲われることが無くなりましたが、眠気に変わって、食事が美味しくなったので、猛烈な食欲が出てきて、食事制限をしなければならなくなりました。

まとめ

原因 禁煙中 眠気
禁煙による一時的な眠気は、仮眠や運動やカフェインの摂取などで乗り越えられますが、最も大事なことは禁煙により生活の改善が出来ることです。

規則正しく生活することで、体にも良いので、精神的にも安定することが期待出来ます。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ