海水浴はクラゲに注意!お盆過ぎは特に恐い!対処方法はこれだ!

七月になるといよいよ海水浴の
シーズンですね!

海水浴と言えば楽しいのですが、
危険が多くあります。

特に子供連れ家族は、
気を付けなければならない事が、
たくさんありますよね?

昨年は、次女出産もあり海水浴に
行く事が、ありませんでしたが、
今年は、行きたいと思います。

海水浴で特に注意が必要なのは、
クラゲの対策です。

クラゲの事をしっかり理解して
更に万一刺された場合の対処法
私の体験談も含めて調べて行きましょう!

Sponsored Links

海水浴のクラゲは危険

クラゲ 海水浴 対策

クラゲは、傘の部分と足のような部分に
分かれているのはご存じですよね?

プカプカ浮いてて何故が逃げようとすると
近づいて来るのがクラゲのイメージです。

クラゲの足のような部分は、「触手」と
呼ばれていて獲物を捕らえる為に使います。

この触手は、大変恐く刺細胞の中に刺胞と
いう毒器官があります。

この刺胞の先に刺糸があり刺糸を
突き立て毒を注入をするのです。
この毒を注入する事が一般的に言われる

クラゲに刺される・クラゲに刺された

との言われ方をされているんです。

毒は強烈

クラゲの毒は非常に不安定です。
現在まで十分に解明されていないから
恐いとされているのです。

クラゲの毒は、獲物を獲る為の毒だと
理解していれば、毒の恐さも理解できます。

最もと日本国内で毒性が強いと言われているのが、
沖縄に生息するハブクラゲの毒です。

名前の通り、ヘビのハブより強い毒性が、
あると言われているので注意が必要です。

毒蛇のハブより強い毒性がるのがハブクラゲ

ハブクラゲは、生息しているところが、
沖縄なので通常はね心配ないと思います。
沖縄に行った時は、覚えておきましょう!

主な症状は?

・刺された箇所の腫れ・発赤・「ミミズ腫れ」の状態
・刺された箇所の熱感・痛み・水疱(みずふくれ)形成
・時に・嘔吐・発熱
・筋肉痛・関節痛・脱力感・麻痺
・精神錯乱・幻覚
・呼吸や心臓を停止(ハブクラゲの場合)

心臓停止は本当に恐いですよね?
ハブクラゲに刺された死亡例もあります。

毒クラゲの主な種類

・キタカギノテクラゲ(東北・北海道)
・カツオノエボシ
・アンドンクラゲ
・アカクラゲ
・ハブクラゲ(沖縄)

私達家族が良く行く海水浴場は、
鎌倉の由比ヶ浜です。

由比ヶ浜で生息する毒クラゲは、
カツオノエボシですね!

一昨年は、お盆後の何度か、海水浴に
行った時はかなりプカプカしてました。

Sponsored Links

毒クラゲに刺された時の対処法

触手を取り除く事
何でもそうですが、万一クラゲに
刺された場合早い対応が重要になります。

敏速に刺された部分を海水で洗い流して、
残っている時は、触手を丁寧に取り除く事です。

その後痛みをやわらげる為に氷で冷やしたり、
湿布などをはるのも効果的です。

このような対処法もありますが、1番のおすすめは、
海水浴場には、救急施設があるのでそちらに行って
処置してもらうのが1番良いと思います。

外用薬を使う
ステロイド含有軟膏・抗ヒスタミン剤軟膏・
コーチゾン軟膏などを塗るのが効果的です。

最後に

クラゲ 海水浴 対策まとめ

海水浴で万一クラゲ刺されてしまった場合の
対処方法いかがだったでしょうか?

大人の場合今回紹介した方法で十分対応する事が、
可能だと思います。

私自身も何度かクラゲに刺されておりますが、
今回紹介した方法で問題ありませんでした。

しかし幼児の場合は、大人と違い体力も
違いますので注意が必要です。

特にお盆過ぎの海は、クラゲが多くなるので
お盆を過ぎたら海水浴は、行かないとの考えも
ありだと思っております。

それでも行きたい時は、海の中でも周りを見て
クラゲがいない事を確認する事が重要です。

周りをしっかり見ればある程度クラゲが、
浮いているのが見えます。

しっかりクラゲから子供達を守り楽しい海水浴をしましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ