ボジョレーヌーボー2015年解禁日はいつ?意味と由来を探る!

ボジョレーヌーボーは、フランスのワインの一種です。

ボジョレーヌーボーとは、2015年の解禁日はいつなのか、意味や由来などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボー解禁日
ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのことです。

その年に収穫されたぶどうから作られるので、その年のぶどうが良質であるかどうかをチェックすることにもなります。

ボジョレーヌーボーの製造は、短期間でワインに仕上げるために、ぶどうを潰さずにそのまま発酵させる醸造法であり、通常のワインと異なり熟成させると味が落ちるので、出来るだけ早く飲むのが良いと言われています。

賞味期限はありませんが、2ヶ月から3ヶ月以内に冷やして飲むのが美味しいと思います。

ボジョレーヌーボー2015年解禁日はいつ?

2015年のボジョレーヌーボーの解禁日は、11月19日の木曜日です。この日の0時までは、ボジョレーヌーボーの販売や消費はフランスのワイン法で禁止されています。

もともとは、解禁日は設けられていませんでしたが、販売業者が販売開始日を前倒しして、遂にはワインの醸造が終わらないうちに販売を開始する店が出てボジョレーヌーボーの質が落ちてきたので、解禁日を設定してその日まで販売や消費を禁止することになりました。

ボジョレーヌーボーの解禁日は、現在は11月の第三木曜日ですが、最初は11月11日のサン・マルタンという聖人の日が解禁日でした。ところが、その後11月11日がサン。マルタンの日から無名戦士の日に変更されたため、11月15日に変更されました。

しかし、11月15日は、年によって土曜や日曜になり、ワインショップやレストランが休みになり、売上に影響するために、結局11月の第三木曜日に落ち着いた経緯があります。

ボジョレーヌーボーの解禁

意味

ボジョレー(Beaujolais)は、フランスンのブルゴーニュ地方の地名です。また、ヌーボー(nouveau)は、英語のnewで、新しいものという意味です。

それでボジョレーヌーボーは、その年の秋季に、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で当年に収穫されたぶどうで作られる赤ワインの新酒という意味になります。

醸造期間が数ヶ月と短い期間で作られ、解禁日の11月の第三木曜日は、世界各地で愛飲家が待っている日です。

由来

収穫したてのガメイ種から作られるフレッシュなワインは、フランスのボジョレー周辺の地元住民を中心とする地域で、1800年代にデイリーワインとして楽しまれていました。

ところが、1951年にフランス政府が11月15日を公式に解禁日として発売することを認めたことをきっかけにして、パリのレストランなどを中心に大ブームとなったのです。

1970年代には、フレッシュな味が、日本を含めた世界中に知られることになりました。

Sponsored Links

体験談

東京の渋谷で勤務していた時に、ボジョレーヌーボーの解禁日にボジョレーヌーボーを味わう店があり、同僚4・5人で飲みに行ったことがあります。

ワイングラスが大きく、たっぷりワインが入っていましたので、充分に味わうことが出来ました。それほど味わい深さは感じられませんでしたが、フレッシュでさっぱりした口当たりが、爽やかな印象として残っています。

つまみも、気の利いたチーズの盛り合わせで、美味しかった記憶があります。ただ、立食で落ち着かなかったこともあり、次の店に行ったことがご愛嬌でした。

まとめ

解禁日 ボジョレーヌーボー
ボジョレーヌーボーの解禁日は、テレビのニュースなどでも話題になり、なんとなく惹きつけられてしまいます。

ワインは体に良いという噂もあり、ボジョレーヌーボーの解禁日は、いつもの麦焼酎やバーボンウイスキーをワインに変えて飲みたくなります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ