ブヨに刺された時の対処法はコレ!痛みや腫れ特徴を理解して対策する

ブヨは、初夏に動きが盛んになります。

ブヨとは、ブヨに刺された時の対処法、痛みはあるのか、腫れ具合はどうか、刺されない方法はあるのかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

ブヨとは?

ブヨ 刺される 対処法
ブヨとは、関東の呼び名で、関西ではブトと呼ばれ、正式名称はブユという虫のことです。

大きさは3mmから5mm位の、コバエのような黒っぽい丸い虫で、山や川の水辺に棲息しています。活動は春から夏の6月、7月が最も活発になります。

朝方と夕方が噛まれやすい時間帯になります。日本で多いブヨはアシマダラブヨで、各地の川や渓流の近くのキャンプ場やゴルフ場など春から秋にかけてのレジャーとして出かける場所で活動していて、住宅街などではあまり見られません。

ブヨは、蚊やアブと同様にメスが血を吸いますが、蚊やアブと異なるのは針を刺して血を吸うのではなく、皮膚を噛みきって血を吸うことです。

そのため、ブヨに噛まれた時は軽い痛みを感じることが多く、半日から1日で痛みや猛烈な痒みに襲われ、腫れも大きくなり、症状が激しくなってくることが特徴です。

ブヨに刺された時の対処法

ブヨに刺された時には、傷口から毒が浸透してしまう前に毒を吸い出すことが必要です。ただ、歯周病などから体内に毒が入る恐れがありますので、口で吸い出すことは危険です。

ポイズンリムーバーという毒抜きの器具が最も効果的ですので、準備出来れば安心です。毒を吸いだした後は、ムヒなどの抗ヒスタミン剤を塗って、痒みを抑えます。

患部をかいてしまうと腫れがひかなくなることや、悪化する原因になります。応急措置で痒みがとれず、晴れも引かない場合は、皮膚科の診察を受けることがおすすめです。

キャンプブヨ対策

痛みは?

ブヨに刺された時の痛みは、蚊などが針で刺すのと違い噛み切るので、噛まれた瞬間にチクリとした痛みが走ります。痛みは噛まれた時と時間を置いてから、耐え難い痛みが襲ってきます。

そして、痒みの症状も激しくなってきます。噛み切られた傷口から雑菌が入り化膿するのを防ぐため傷口の消毒を行う必要があります。

噛まれた患部の毒素を吸い出した後は、患部を冷やして、ステロイド軟膏などを塗ります。

腫れ具合は?

ブヨは、噛んだ際に肌の中にアレルゲン成分を含む酵素毒を残します。この酵素毒は速効性はありませんが、時間を置いて各種の症状をもたらすことになります。

痒みや痛みの症状もあらわれますが、腫れの症状も徐々に大きくなります。最初に噛まれた跡は、小さな出血点が残り、血が滲んでいることが多いのですが、ブヨに噛まれた場合の後から症状が出る遅延型反応により、症状が強く出る場合は、最初の小さな赤い斑点状の腫れ具合が、2倍から3倍に広がる状態になってしまうこともあります。

このような腫れ具合の悪化と同時に、体液が滲みだして水ぶくれになることもあり、頭痛や発熱などの体の症状を伴う例もあります。

刺されない方法はあるの?

ブヨは、蚊や蜂と同様に黒や紺などの暗色系を好みますので、黒系の衣服を着る人は襲われやすくなります。黄色やオレンジ色などの服にすれば、ブヨや蚊に刺されにくくなります。

赤ん坊や子供向けには、インセクトシールドが販売されていますが、虫除けのメッシュ素材の服で、赤ん坊や子供が刺されないようにするためには効果的です。

アウトドアで山や川などに出かける時は、殺虫剤スプレーを準備して、ブヨに襲われた場合には、殺虫剤スプレーをかけると撃退することが出来ます。他にも、効果の強い蚊取り線香や、パワー森林香という効果の強い商品もおすすめです。

山や川に近い場所に住んでいる場合は、屋内でも刺される可能性がありますので、アロマオイルやエッセンシャルオイル等の、ブヨが嫌がる香りを部屋中に漂わせる方法があります。

Sponsored Links

体験談

幼少の頃は、夏休みに毎日のように川に泳ぎに行っておりブヨに刺されたこともあります。ただ、体が丈夫なことも幸いしたのか、ひどい症状になったことはありませんが、痒くて大きく腫れ上がってきたことは記憶にあります。

それでも、川で泳ぐことや遊びに熱中している間に、治っていたという感じです。川遊びは、まだ水がきれいな時代とは言っても、雑菌だらけの状況だったことが想像されますし、ブヨに刺されたことを放置したことも危険極まりないことだったと思います。

ただ、今の子供には勧められませんが、当時の川ガキは、ブヨに刺されても自然治癒する強靭な体力を有していたことの証明かもしれません。

まとめ

刺される  ブヨ 対処法
ブヨは、春から秋の川や渓流の近くの、アウトドアに適した場所に生息しています。蚊の場合よりも症状がでるのは遅れますが、痒みや痛みが激しいので、なるべく刺されないように注意することが大切です。

川や渓流に出かけるときは、衣服の色に注意して、まさかの時に備えて、防虫スプレーなどを携帯することも必要だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ