喫煙場所を探すのは面倒!禁煙すれば解消される無駄な行動

喫煙の時に喫煙所を探すのは、面倒なものです。

喫煙所とは、喫煙所を探すのが面倒な理由、喫煙所を探すことを禁煙で解消することなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

喫煙所とは?

喫煙場所
喫煙所とは、タバコを吸うことが出来る空間で、喫煙者にとってオアシスのようなものです。

本格的なものは、ユニットハウスで、喫煙所に休憩所や物置の機能をもたせたものもあります。簡易なものは、集塵機が付いたテーブル形式や分煙機の機能がある喫煙所システムもあります。更に簡易なものは、フタ付きのドーム型灰皿や屋外向けのスタンド灰皿があります。

最もシンプルなものは、ステンレス製の定番の卓上灰皿があります。

喫煙所を探すのが面倒な理由

最近の嫌煙傾向の強まりにより、喫煙者にとっての喫煙所の確保は年々難しくなりつつあります。以前であれば、車内や電車内は勿論のこと、駅構内やレストラン、会社の自分の机で堂々と喫煙出来ましたが、今は喫煙禁止の場所が多くなり、喫煙出来るのは喫煙所として指定された狭い空間だけになって、目立たない喫煙所を探すのが面倒になってきています。

しかし、広々とした場所や食事をしながら一服するのが息抜きになるのであり、狭いところで多くの喫煙者と一緒に、目が痛くなるような煙の中で喫煙するのは気持ちのいいものではありません。それに、喫煙所は限られた場所に設置されているので、初めての駅などでは、探すのに一苦労をすることがあります。

また、喫煙者の主流煙はフィルターを通って酸性になり、少し刺激も少なくなっていますが、副流煙は不完全燃焼でフィルターを通っていない為有害成分の濃度も高くなり、ニコチンやタールは主流煙の数倍、アンモニアは数十倍になり、発がん性物質も多いことがわかっています。その為、副流煙を嫌がる人が増えており、喫煙者にとってはますます喫煙所が確保しにくく面倒な状況になっています。

秋葉原の屋内喫煙所

禁煙で解消

禁煙は、ニコチンの中毒的な習慣を断ち切ることや、朝の一服、食後の一服という、慣れ親しんだ生活習慣を変えることになるので、禁煙後しばらくは口が寂しく、落ち着かない状況になると思います。

また、食べ物の味が良くなり、食が進むことで肥満の危険性が出てくる危惧があります。しかし、副流煙を嫌がる周囲の冷たい目や、最も死亡率が高いと言われる肺がんをはじめとする様々な病気のリスクが回避できるのであれば、あらゆる困難を乗り越えて禁煙を断行する価値はあります。

禁煙によるイライラや、太る危険性は、水を飲むことや運動をするなどにより解決することが出来ます。周囲の迷惑そうな視線に耐えて、肺がんなどの恐怖に怯えながら喫煙するよりは、禁煙をすることの方が容易なことだと言えます。

Sponsored Links

体験談

喫煙をしていた頃は、1日に約80本の喫煙でしたので、タバコが手放せない状況でしたので、あたり構わず喫煙をしていたように記憶しています。

その当時は、まだ喫煙者に寛大な時代であり、喫煙を咎める風潮もありませんでした。しかし、今は喫煙者に厳しい喫煙環境ですので、とても当時のように1日約80本をあちこちで自由に喫煙できる状況ではなく、喫煙所を見つけることが面倒な状況に様変わりしています。

20年以上も前のことですが、喫煙者にとって不自由な状況になる前に、思い切って禁煙をして良かったと思います。

まとめ

喫煙場所
喫煙による副流煙の弊害が明らかになるにつれて、嫌煙はただ単に喫煙を嫌うということだけでなく、健康被害を防止するという理由が明確な風潮に変わってきていると言えます。

喫煙者の健康維持だけでなく、喫煙者の周囲の人達の健康をまもるためにも、明確な喫煙所の設定をすることが大きな社会問題になり、路上の喫煙を法律で禁止する地域も出てきており、喫煙者にとっては、1日も早く禁煙をすることが要請される時代になってきました。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ