年末年始渋滞予測!2016年の東名高速の混雑予想日と時間帯はコレ!

年末年始の渋滞予測です。

2016年年末年始休みの日程、2016年Uターンラッシュ予測場所・予測日・時間帯(行き帰り両方)、おすすめ休憩ドライブインなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

2016年年末年始休みの日程

東名高速 年末年始渋滞予測
2016年年末年始休みの日程は、公務員の場合は2015年12月28日が御用納めで、12月29日から1月3日までの6日間が年末年始の休みとなり、1月4日が御用始めとなる地域が多いようです。

民間の企業も、この公務員の日程に準じて、12月28日の月曜日が仕事納めの日で、12月29日から1月3日の日曜日までを年末年始の休みにして、1月4日の月曜日を仕事始めの日に決めているところが大半のようです。

2016年Uターンラッシュ予測場所・予測日・時間帯(行き帰り両方)

東名高速の2014年から2015年にかけての渋滞は、下り方面は少し分散していますが、2014年の12月30日や、2015年の1月2日の金曜日と1月3日の土曜日に、最も激しい渋滞が発生しています。

2016年の1月2日は土曜日で1月3日は日曜日ですので、1月4日の仕事始めに間に合わせての大きな移動が予想されますので、やはり2016年も2015年と同じように、1月2日と3日に、激しい渋滞が起こる可能性が高いと思います。

上り方面も、2014年から2015年にかけては1月2日から3日に渋滞が発生していますので、2015年から2016年にかけても、1月2日と3日は渋滞が予想されます。

2014年の下りは、12月30日に伊勢原BS付近で、7時から17時の間に渋滞があり、ピークの11時の渋滞の長さが30kmですので、2015年も同様の渋滞が予想されます。

上りは、2015年の1月2日は、大和TN付近で、ピークの17時に45kmの渋滞の長さがありました。また、2015年1月3日は、同じく大和TN付近で17時に45kmの渋滞が発生しています。従いまして、2016年も1月2日と3日に、2015年と同じように、17時頃に45km位の渋滞が発生する可能性が高いと予測されます。

年末年始の高速渋滞予測

おすすめ休憩ドライブイン

上りは、茶畑に囲まれた牧の原SAで休憩されることをおすすめします。茶どころの地域だけありまして、牧の原SAの限定品も含めてお茶に関連するお土産が豊富なSAです。

食べるメニューは、king丼グランプリ優秀賞を受賞しました、盛り上げ丼が一押しです。卵そぼろや唐揚げがごはんにのっていますので、レモンを搾って美味しくいただけます。

他にも、遠州黒豚とんかつ膳や鉄板焼き遠州黒豚ロースもおすすめです。

下りは、湖の絶景を眺めることが出来る浜名湖SAで休まれることをおすすめします。

浜名湖SA は、湖に面する散策の道もあり、のんびり休憩できるSAです。東館ショッピングコーナーは、静岡や愛知のお土産が揃っており、名物のうなぎパイや三ケ日みかんレアチーズケーキなどのおみやげも買うことが出来ますのでおすすめです。

Sponsored Links

体験談

東名道は、年末年始ではありませんが、事故による渋滞に巻き込まれた経験があります。

ノロノロ運転が続きますと、精神的にイライラしますし、眠気や疲労に襲われることがあります。

高速道で発生する事故などは防ぎようがありませんので、事故などで渋滞が起こる可能性も考えて、好きな音楽などを準備して気を紛らわせることや、眠気覚ましのガムや飴を予め用意して、適宜賞味することも必要であり、良い方法だと思います。

まとめ

年末年始渋滞予測 東名高速
東名高速の年末年始の渋滞は、渋滞する日時や場所などがかなりの精度で予測出来ますので、激しい渋滞の日時を避けて、東名高速道を利用することが賢明だと思います。

ただ、予期せぬことが起きないとも限りませんので、移動をする直前の交通情報や移動中の交通情報などをしっかりと聞いて、交通の状況をしっかりと把握しておくことが必要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ