年末年始渋滞予測!2016年中央道の混雑予想日と時間帯はコレ!

中央道の年末年始の渋滞を予測します。

2016年年末年始休みの日程、2016年Uターンラッシュ予測場所・予測日・時間帯(行き帰り両方)、おすすめ休憩ドライブインなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

2016年年末年始休みの日程

年末年始渋滞予測 中央道
2015年12月の仕事納めから2016年1月の仕事始めまでの年末年始の日程は、公務員の大半が、2015年12月28日が御用納めで、12月29日から1月3日までの6日間の休みとなり、1月4日が御用始めというパターンとなります。

民間の企業も、12月28日の月曜日が仕事納めの日になり、12月29日から1月3日の日曜日までが年末年始の休みで、2016年1月4日の月曜日を仕事始めの日にしている会社が多いようです。

2016年Uターンラッシュ予測場所・予測日・時間帯

中央道の2014年から2015年にかけての渋滞は、12月と1月に起こっています。

下り方面は、2014年の12月27日の土曜日や12月28日の日曜日に、最も激しい渋滞が発生しています。

上り方面も、2014年から2015年にかけては1月2日から3日に渋滞が発生していますので、2015年から2016年にかけても、1月2日と3日は渋滞が予想されます。

2016年の1月2日は土曜日で1月3日は日曜日ですので、1月4日の仕事始めに間に合わせての大きな移動が予想されますので、2016年も2015年と同じように、1月2日と3日に、激しい渋滞が起こる可能性があります。

2014年の下りは、12月27日に相模湖IC付近で、6時から23時の間に渋滞があり、渋滞の長さが20km程になりましたので、2015年12月26日の土曜日も同様の渋滞が予想されます。また、2014年12月28日の日曜日も相模湖IC付近で渋滞がありましたので、2015年12月27日の日曜日も、6時から13時に渋滞が予想されます。

上りは、2015年の1月2日は、小仏TN付近と調布IC合流で、11時から23時と10時から19時に20km程の渋滞の長さがありました。また、2015年1月3日は、同じく小仏TN付近と調布IC合流で10時から22時と10時から17時に15kmから20km程の渋滞が発生しています。従いまして2016年も1月2日と3日に、2015年と同じように、10時から22時頃に20km位の渋滞が予測されます。

中央自動車道の小仏トンネル渋滞

おすすめ休憩ドライブイン

上りは、境川PAが景観と食事やおみやげからおすすめです。境川PAは、甲府盆地の景色を楽しむことが出来る展望台があり、南アルプスや八ヶ岳の景色が眺められます。豚ばら肉の甲州ワインビーフ肉ラー油丼は、山梨のブランド豚である富士桜ポークのバラ肉を、甲州ワインビーフのひき肉とラー油で味付けした丼で、丼大賞を受賞したことが頷ける美味な逸品です。また、ナチュラルジェラートの甲斐の風邪は、山梨の果物がそのままアイスクリームにしたような、さっぱりした甘さがあります。

下りは、景色と食べ物から、初狩PAがおすすめです。天気が良ければ、南アルプスの山々の間に富士山を見ることも出来ます。食べ物は、タレにからめて、卵を混ぜればまろやかになりご飯がすすむ、鳥もつ丼が一押しです。静岡県由比産のサクラエビがたっぷり入っている生桜えびかき揚げうどんも、コシがあって美味しい逸品です。

Sponsored Links

体験談

中央道で事故による渋滞に巻き込まれて、ゴルフのスタート時間に間に合わず、ゴルフ場に到着してから同伴のパーティーを追いかけて、前半の4ホール目から参加した経験があります。

他社の社長や役員が同伴者でしたので、途中運転をしながらゴルフ場と連絡を取り、非常に焦った記憶がありますので、中央道に対してはあまり良いイメージはありません。

まとめ

中央道 年末年始渋滞予測
中央道は普段から渋滞する高速道ですので、年末年始の利用には注意が必要です。予め、渋滞の情報を把握して、激しい渋滞を避けて、利用することが良いと思います。

移動をする際や移動中の交通情報などをしっかりと聞くことや、場合によっては抜け道を利用することを考えておくことも効果的だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ