秋に流行する病気は?事前に予防して健康な体作り

秋は厳しい暑さの夏が終わり過ごしやすくなりますが、秋に流行する病気もあります。

秋の健康で注意をすることや、秋に流行する病気につきましての紹介をします。

Sponsored Links

秋の健康で注意する事

秋 流行 病気
秋は、冬にかけて感染症が流行するので、注意が必要です。感染症は、ウイルスや細菌によって広がりますが、中でもインフルエンザやRSウイルスは、特に気をつけなければなりません。

また、秋に流行しやすい病気に、食中毒があります。食中毒は梅雨時や夏場に起こるイメージがありますが、実は10月に最も多く発生するというデータがあります。

涼しくなって食品の管理が杜撰になることや、運動会などの行事が多く、外での飲食の機会が増えることにより食中毒が発生すると考えられます。

秋は季節の変わり目で、肺が弱くなり風邪などをひきやすい季節です。また、喘息や花粉症などの症状を軽視すると、重度の呼吸器疾患に陥る危険性もあります。

また、秋から冬になる時期は、日照時間が短くなるので、精神的に塞ぎがちになる季節性のうつ病を発症する人が増えると言われています。

秋に流行する病気

それでは、秋に流行する病気には、どんな病気があるのでしょうか?

病気名:インフルエンザ、RSウイルス

流行る理由
インフルエンザは、ウイルスによって、流行します。ワクチンにより予防しますが、ウイルスが毎年少し変わるので、予防が難しいところがあります。RSウイルスは、秋から冬に流行するウイルスで、2歳までにはほぼ100%
の子どもがかかると言われているウイルスです。

予防方法
インフルエンザの予防は、ワクチンによる予防接種になりますが、今のワクチンはAソ連、A香港、Bというウイルスの種類に対応しています。RSウイルスは、迅速診断キットが出来て簡単に診断できるようになりました。手を洗うことや、使うものをよく拭いて清潔にすることが予防になります。

Sponsored Links

病気名:食中毒

流行る理由
梅雨時や夏に比べて、涼しくなってくるので、食品の保存保管についての注意が甘くなってしまうことと、秋祭りや運動会など屋外での行事で飲食をする機会が多くなることが原因と考えられます。

予防方法
台所の衛生の管理を、梅雨時や夏場に限らず、年間を通してしっかり行うことと、屋外での飲食をする際は注意をすることが大切です。

病気名:季節性うつ病

流行る理由
秋から冬にかけては、日照時間が短くなるので、体が夏の状態にあるにもかかわらず脳は冬の状態になっていて、思うように体を動かせないギャップが原因と言われる他、過眠や炭水化物や甘い物の過食も原因と言われます。

予防方法
日光を浴びることで症状が改善されますので、毎日外出することが大切です。また、睡眠時間を決め過眠を避けることや、甘いもの等の過食を避ける事です。

[東京ドクター]子どもの秋の風邪

体験談

秋のインフルエンザは、何回かかかったことがあります。冬は気温が低いのでそれほど苦痛ではありませんが、秋の場合はまだ暑さが残っていますので、非常に治るまでが暑苦しい思いをしたことが印象に残っています。

食中毒は、酷い状態になるほどの経験はありませんが、軽度の食中毒は何度も経験しています。たいていの場合は、食べ物を口にした瞬間に、少し変な臭がするとか、変な味がするとか、異様な感じに気が付きますので、食べたものを吐き戻したり、それ以上は食べなかったりの予防の行動を取るので、大事に至らないのだと思います。季節性のうつ病は、頻繁にドライブ等で外出しますので、無縁の病気です。

まとめ

病気 秋 流行
秋は涼しくなるので、スポーツに最適ですし、食べ物も美味しいのでつい食べ過ぎてしまう傾向があります。ただ、意外に流行する病気もあるので、梅雨時や夏場に劣らぬ体調管理を心がけて、快適なオータムライフをエンジョイしたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ