秋の絵本で子どもに人気はコレ!夜長を子どもと一緒に楽しむ

秋は読書の季節ですが、子供にとっては絵本に親しむ季節です。

子供に人気のある絵本の特徴や、秋の人気の絵本につきましての紹介をします。

Sponsored Links

子供に人気のある秋の絵本の特徴

子供 人気 秋 絵本
秋は、子どもが外で遊びまわる季節ですが、絵本に熱中するにも良い気候です。身近に見ることが出来る蝶のことを描いた「はらぺこあおむし」は、あおむしからの進化のしかけが面白いことと、蝶になるまでの生物の勉強にもなる人気の絵本です。

「はじめてのおつかい」は具体的な話で、店先での臨場感のある展開が興味深く、やがて経験することの準備にもなる面白い絵本です。

「ぐりとぐら」は、野ねずみの活躍が人気のシリーズですが、描写がきめ細かいのが特徴で、多くの作品があります。
「くずかごおばけ」は、少しこわいけれども、物を大切にすることを教えるには最適の絵本です。「どうぞのいす」は、穏やかな話の展開の面白さとともに、子どもに思いやりや親切の気持ちを教えてくれる興味深い絵本です。

子どもに人気のある絵本は、話の内容が面白く挿絵が美しいものが多いようです。同時に、子どもの情操や想像力を育む内容のものが、親が絵本を選ぶ際に重要視されると思います。

秋の人気の絵本を紹介

秋は、読書の秋と言われている為に子ども向けの絵本にも多くの名作があります。ここでは、秋の絵本で子どもと一緒に読みたい絵本を紹介します。

本名:「はらぺこあおむし」

人気の理由
エリック・カールは、世界的な絵本作家で、「はらぺこあおむし」は代表作の1つです。色づかいが美しい絵本で、小さな青虫が美しい蝶に変わる過程の面白い内容と、子どもが喜ぶ穴あきのしかけが斬新な絵本です。
URL:はらぺこあおむし

本名:「はじめてのおつかい」

気の理由
お使いは、いつかは子どもが経験することであり、「はじめてのおつかい」という本の名前から、親子共に興味をひかれる内容です。店先で他の客が先に買い物をする中で、いつになったら買い物が出来るのかにハラハラドキドキさせられるストーリーで、これから実際に行うお使いの事前準備にもなる絵本です。
URL:はじめてのおつかい

本名:「ぐりとぐら」

人気の理由
「ぐりとぐら」は、野ねずみが森で大きな卵を見つけることから始まる、子どもに人気のある絵本です。多くの動物が出てきて、それぞれの動物だけでも子どもが夢中になりそうな展開です。関連する絵本が、「ぐりとぐらのえんそく」の他、数多くあります。
URL:>ぐりとぐら

Sponsored Links

本名:「くずかごおばけ」

人気の理由
くずかごからおばけが出てくる、少し怖い展開ですが、インパクトが強いだけに、ものを粗末にする傾向のある子どもには、ものを大切にすることを自然に理解させることが出来る絵本になっています。
URL:くずかごおばけ

本名:「どうぞのいす」

人気の理由
うさぎが作った椅子をめぐるお話で、長い間人気を保っている絵本です。読み進むうちに、思いやりの心や親切な気持ちが育まれる絵本です。
URL:くずかごおばけ

体験談

絵本は、幼児に強いインパクトを与えるものです。本の題名とか内容はあまり覚えていませんが、色彩の鮮やかさや、特に飛び出してくる絵本などの衝撃は忘れられないものです。

子どもなどに買い与えた絵本も、子どもが何度も読み返していることから、かなりの影響力があると思いました。

しかつめらしい顔でお説教をしなくても、絵本の内容から、子ども達が自然に色々なことを学んでくれれば、子どもにとっても良いことだと感じました。

まとめ

絵本 子供 人気 秋
絵本は、子どもが面白がるので買い与えるとともに、子どもの情操を豊かにすることや、ストーリーから子どもが自然に学ぶという意味で、大切な教育の手段でもあります。

色々な動植物や道具などを通して、子どもが健やかに育つ為の大切な役割を果たしてくれる側面があります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ