秋に咲く花の名前と特徴はコレ!綺麗な秋花で癒される

秋は色々な花が咲く時期です。

秋に咲く花が綺麗で癒されるのはなぜか、秋の花の紹介などにつきまして説明します。

Sponsored Links

秋に咲く花が綺麗で癒せる理由

秋に咲く花の名前と特徴
秋の花の定番といえば、キクの名前が思い浮かびます。毎年のキクの展示が、秋の日の花の観賞に欠かせない風物詩になっています。

手入れが大変だと思いますが、多くの見事な作品が、見る人の心を癒してくれます。キンモクセイは、心地よい香りと黄色の色彩で秋の花の存在感を示すだけでなく、薬事的な効用も有り難い花です。

コスモスは、秋風に揺れている可憐な様が涼しげで、秋らしさを感じさせてくれます。ヒガンバナは、彼岸の頃という季節をあらわす花で、目立つ赤色が強い印象を与えます。ハギは、秋の七草の1つであり、いかにも秋らしい花と言えます。

秋花を紹介

秋に咲く花は、大変綺麗で癒される花が多くあります。ここからは、そんな秋の花で人気のある綺麗な癒される花を紹介して行きますね!

花名:キク

特徴
キクはキク科キク属の植物で、多くの種類があります。一般的には、東アジアで作られた観賞用の栽培ギクをキクまたはイエギクと呼んでいます。元々は、中国で交配により作られた品種が世界に広がったとする説と、シマカンギクとチョウセンノギクが自然交配により栽培ギクが生まれたとする説があります。

花言葉:「高貴」「高潔」「清浄」

花名:キンモクセイ

特徴
キンモクセイは、モクセイ科モクセイ属の植物で、別名はモクセイ、タンケイと呼ばれます。オレンジ色のさわやかな香りを放つ花木として知られています。庭植えや街路樹として植えられ、9月の下旬から10月の中旬が開花期です。キンモクセイは、クチナシやジンチョウゲと並ぶ3香木の1つで、トイレの芳香剤として使用されることや、茶や酒と一緒に香りを楽しむことも行われていました。また、胃炎や低血圧、不眠症などの薬用としても利用されます。

花言葉:「謙虚」「気高い人」

花名:コスモス

特徴
コスモスは、キク科コスモス属の植物です。日本を代表する草花で、ピンクの他に、赤や白、黄など様々な花の色があります。メキシコの高原地帯が原産地ですが、明治時代に日本に伝わり日本の気候に適合して全国的に広がり定着しました。

花言葉:「少女の純潔」「乙女の心」

Sponsored Links

花名:ヒガンバナ

特徴
ヒガンバナは、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の植物で、別名をマンジュシャゲまたはハミズハナミズと呼ばれます。9月の中旬の時期で秋の彼岸の頃に鮮やかな赤い花を咲かせるので、日本では馴染み深い花と言えます。東アジアが原産地で、日本の各地で見られますが、庭植えなどにも用いられます。

花言葉:「悲しい思い出」

花名:ハギ

特徴
ハギは、マメ科ハギ属の植物で、秋の七草の1つです。6月から9月に開花期を迎え秋を象徴する花と言われます。原産地は、日本、朝鮮半島、中国で、庭植えなどや容器栽培に用いられます。

花言葉:「思案」

我が家の秋の花

体験談

秋の花は、キクやコスモスという名前が有名ですが、個人的に圧倒的な鮮やかさでインパクトを受けるのは、ヒガンバナです。

公園などあちこちで見られ、秋の花といえばヒガンバナをすぐに思い浮かべるほど、赤い色の印象が強烈です。
キンモクセイも、私が好きな黄色い華やかな姿の秋を代表する花ですが、その芳しい香りや薬用的な効果から、多くの日本人に長く愛されてきた秋の花であることが頷けます。

まとめ

秋 花 特徴
秋は、花をじっくり観賞するには最適な季節です。キクの展示会は、あちこちで開かれていますので、外出すればどこででも観ることが出来ます。

また、名前から季節が連想されるヒガンバナや、黄色い色が思い浮かぶキンモクセイも、緑が多い公園などで咲いている場合が多く、容易に目にすることが出来ます。

コスモスやハギは、少し遠出をしなければ観られない場合もありますが、観ることはそれほど難しい事ではありません。秋は、体を動かしやすい季節ですので、スポーツや観光を兼ねて、秋の花々を観るために外出したいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ