友引とは?知らないと恥をかく日取りの意味と由来を理解する!

「大安」「仏滅」等で有名な「六曜」が、中国から日本に伝わったのは鎌倉後記~室町時代の頃のようです。

元祖の中国では、時刻の吉凶を占い、兵法・博打に利用していたようですが、日本では明治時代に市民権を得て暦にも記載されるようになりました。

字面からしますと、なんとなく仏教に関係がありそうな感じがしますが、実は全く関係ありません。占いとは無縁の仏教では、むしろこの「六曜」には否定的です。

この「六曜」が明治時代に流行の兆しが起こったときには、“人心をいたずらに迷わせるもの”として、一時期禁止されましたが、そのせいでかえって注目を浴びることになり、定着してしまったという皮肉な史実もあります。

さて「六曜(六輝とも言う)」ですとは、旧暦1月を5で除して、それぞれに“先勝”“友引”“先負”“仏滅”“大安”“赤口”を順番に割り当てたものです。途中で順番が変わることがありますが、それは各月によって始まる曜日が違うからです。

各月ごとのスタート曜日は、1月と7月は「先勝」、2月・8月は「友引」、3月・9月は「先負」、4月・10月は「仏滅」、5月・11月は「大安」、6月・12月は赤口からとなります。

Sponsored Links

友引(ともびき)とは?

友引とは
「友引(ともびき)」とは(ゆういん)と読むこともあります。お祝い事を行うのに適した日ですが、仏事や葬儀を行うのは禁忌とされています。

神社や占星術によって、「午前中は利益なし、夕方は吉」、「朝と夕方は吉だが、正午は凶」などさまざまな説があるようです。共通しているのは、「葬儀は凶」です。

由来

「友引(ともびき)」の元の文字は「共引」と書かれていたようで、「勝負がつかない日」「引き分けの日」と言われていました。「留連(りゅうれん)」という名称が由来という説もあります。

現在は「親しい友だちを引っ張って行く」という意味から、「葬式は控えるように」していますが、何の根拠もないことがこれでわかります。

意味

「友を引く」とい文字から、葬式などの仏事は慎みなさいという意味で使われていますが、本来は「共引」=「勝負がつかない、引き分け」という意味です。

1年365日、人が亡くならない日はありませんので、葬儀屋さんがお休みを取るためには、良い制度かもしれません。労働基準法に引っかかってしまいますものね。火葬場も休業日というところが多いと思います。

友引の日に心掛けたい事は?

「六曜」に関係ありそうな仏教でも、日々を占うことはご法度ですので、仏事を行うのに、友引も大安も本来関係ありませんが、日本の慣習として、お葬式は友引には行わない方が良いでしょう。

というか、営業している葬儀屋さんがないのでは?と思います。

Sponsored Links

体験談

昨年、父親が他界したのが「先勝」の深夜、翌日速攻で帰省しましたが「友引」に重なったため、お通夜・葬儀は翌日以降となりました。遺体保持のため丸2日ほどドライアイスで冷却されていましたが、暑がりだったのでちょうど良かったでしょう。おかげで、嫁さんと娘もお骨になる前の爺ちゃんに会えました。

わたしの実家の青森では、通夜の翌朝、火葬に伏し、お骨にしてから葬儀を執り行う「骨葬」が一般的です。現在居住する札幌では、葬儀を行ってから出棺・火葬という流れです。

まとめ

友引 由来
友引(ともびき)」に仏事・葬儀を行うと「親しい友だちを連れて行ってしまう」ということで、この日は禁忌とされていますが、宗教的には何の根拠もありません。

どちらかと言えば、語呂合わせに近いものです。とは言え、世間一般的には、「友引」に葬儀を行わないのが常識となっていますので、非常識と後ろ指を差されないように、一応避けておきましょう。

祝いごとは問題ありませんので、ど~んと派手にやってけっこうですよ。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ