秋の意味と由来は?風物詩も覚えて季節感を楽しむ

秋は、一年中で最も過ごしやすい季節と言われます。

秋とはどのような季節なのか、秋の意味や由来は、秋の風物詩はどんなものがあるかなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

秋とは?

秋とは
秋は、春夏秋冬の四季の1つで、夏と冬の間の季節です。読書の秋や芸術の秋、食欲の秋やスポーツの秋など、過ごしやすい実りの秋を表現する修飾語が、数多くあります。

秋は昼が短く夜が長くなるので、灯火親しむべしという詩もあります通り、秋の夜長に明かりをつけて静かに読書に耽ることや、芸術を鑑賞するには相応しい季節であると言えます。

また暑くもなく寒くもないので、スポーツをするに適した気候であり、10月10日は体育の日に制定されており、各種スポーツ競技や体育祭、文化祭なども秋に一斉に開催されます。

秋は、食べ物の収穫の時期でもあり、野菜や果物などが豊富に摂れて、色々な美味しい旬のものが味わえる楽しみな時期でもあります。しかし、食べ過ぎには注意が必要です。

意味

秋は、暦の上では立秋から立冬までの期間で、天文学では秋分から冬至までになります。

夏が過ぎ、涼しく爽やかになるために、穀物や果物の収穫の時期になりますが、台風や前線の影響で雨風も多く、変わりやすい秋の空の季節でもあります。

秋の意味は、木々が紅葉して草花が枯れて、やがて冬に向かうということから、盛りを過ぎることや、終わりに近づいているということをあらわすことがあります。

人生の秋というように、晩年の時期をあらわす表現にも使われます。また、男女の仲が冷める状態にも使われ、秋を飽きることに掛けて使われます。

里の秋20

由来

秋は、太陽暦では9月から11月までの時期を指しており、太陰暦では7月から9月までの時期を指しています。

秋の語源は、諸説あります。空の色が明らかである時期という意味から秋とされたとする説や、五穀などの収穫の飽き満ちる季節から秋とされたとする説、また紅葉で見られる紅が転じて秋になったとする説などがあります。

秋の風物詩

秋の風物詩と言えば、まず紅葉が思い浮かびます。日本全国どこでも紅葉は見られますが、寒暖の差などの微妙な違いからだと思いますが、それぞれに紅葉の鮮やかさが異なります。

紅葉が見事だと定評があるのは、北東北の紅葉で、特に十和田八幡平国立公園の紅葉は、山や湖の美しさと紅葉の色の鮮やかさのコラボレーションが秀逸だと言われています。

次に、秋の風物詩と言えば、秋刀魚の味ではないでしょうか。秋の味覚として、秋刀魚の味覚は欠かせません。運動会や文化祭も秋の風物詩で、学生時代の思い出とともに懐かしい気持ちになる方も多いと思います。月見も、秋を味わうには格好の風物詩です。

Sponsored Links

体験談

秋の思い出は、小中高校を通じた体育祭の思い出があります。100m競争や200m競争、リレーなどの他に、今は危険なので禁止する学校も多いようですが、騎馬戦や棒倒しなどがあり、非常に興奮して闘った記憶が鮮明にあります。
確かに、危険な面はありますが、やがて卒業して実社会に巣立つことになれば、ビジネスというはるかに危険な仕事場で闘う事になるわけですから、多少のリスクを経験するには良い経験だったと思います。

地方の田舎の秋は、自然の中での虫のダイナミックな動きが観察できる楽しみです。

中でも、赤とんぼや塩辛トンボやオニヤンマなどの多数のトンボが飛びまわる様は、秋の景色を彩る最高の見ものだと思います。

まとめ

秋由来
秋は、四季の中でも最も華やかな季節だと思います。夏に比べると、少し弱くなった陽光の中で、スポーツを楽しみ、芸術を鑑賞し、美味しい旬の食べ物に舌鼓を打ち、読書で静かに秋の夜長を楽しむことが出来ます。

また、東北にドライブをして、鮮やかな紅葉を思う存分味わうことも、贅沢な秋の時間の過ごし方だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ