ハロウィンの衣装を手作り!注目されて目立ちたいならコレだ!

ハロウィン衣装は、手作りで目立つものが作れます。
ハロウィン衣装を手作りする場合に心掛ける事、衣装手作りのメリット、おすすめの手作り衣装などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

ハロウィン衣装を手作りする場合に心掛ける事

ハロウィン 衣装 手作り
ハロウィン衣装を手作りする場合は、衣装に色を付けたり切って使ったりしますので、使わなくなった服を活用するか、買う場合でも安い服を購入することを心掛けます。

ハロウィン衣装を手作りするために、ハサミやカッターなどを用意して自由に手を入れていき、場合によってはサンドペーパーなどを使って加工をすれば雰囲気が出ると思います。

最近は、100均ショップでお面やマント、衣装なども手に入るので、手作りと100均を利用することを併用することを心掛ければ、出来栄えの良い衣装が作れると思います。

衣装手作りのメリット

ハロウィン衣装は、市販のものでも安価に手に入りますが、他の衣装と同じになることがあります。その点、手作りの衣装であれば、オリジナルな衣装の作成が出来るので、全く被る衣装にはならないメリットがあります。

また、古着や100均ショップを活用すれば、経費も安く作れるメリットもあります。

おすすめ手作り衣装

それでは、ハロウィンの衣装を手作りする場合どんな衣装がおすすめなのでしょうか?ここでは、ハロウィンおすすめ手作り衣装を紹介して行きますね!

衣装名:ガイコツTシャツ

おすすめ理由と注目される理由
親子のガイコツシャツは、注目度が高くおすすめです。作り方は、大人と子供の黒いTシャツを用意して、白いフェルトを貼り付けます。骨の形やガイコツをフェルトで作って貼りますが、親子で楽しみながら作り思い出になりますので、おすすめします。

衣装名:魔女

おすすめ理由と注目される理由
黒い布を2枚と、幅が3センチ位のリボン2本を用意して、布にハサミで左右上端に穴をあけます。その穴にリボンを通して、胸の前で結べば魔女の出来上がりです。魔女のマントは、多くの種類から選びます。

衣装名:ミイラ

おすすめ理由と注目される理由
白い服の上下とガーゼか分厚いトイレットペーパーを用意して、頭部から体に少し緩めにぐるぐる巻きにしていきます。赤ペンで血をあらわして、全体をミイラに見えるように仕上げていきます。

Sponsored Links

衣装名:かぼちゃポンチョ

おすすめ理由と注目される理由
2m以上×2m以上のオレンジサテン布と、黒のフェルト1枚と両面テープを用意します。2mの正方形のサテン布の真ん中に頭が入る穴を作り、次に黒のフェルトで目、鼻、口を切って顔のパーツを作り両面テープでサテン布に貼ります。オレンジ布の残りで三角巾も用意してかぼちゃポンチョの完成です。ハロウィン衣装の定番で注目度が高く、おすすめです。

衣装名:黒猫

おすすめ理由と注目される理由
黒のTシャツとスパッツ、黒メッシュ布とオレンジのリボン、使い古しの黒いパンスト100均の黒カチューシャ、黒フェルトとピンクのフェルトを用意します。黒メッシュ布を切り、2枚重ねてチュチュスカートにし、リボンを通す穴をあけ、ハサミで切り込みを入れ、フェルトで耳を作りカチューシャに縫い付けます。黒とピンクのフェルトで耳を作り、黒のパンストで尻尾を作り、スカートに縫い付けます。スカートを巻いて、カチューシャTシャツ、黒スパッツで完成です。注目度が抜群で、おすすめです。

ハロウィン衣装 手作りマント

体験談

ハロウィン衣装を着用するパーティーは、比較的新しいので、子供のハロウィンで衣装を考えて作ったことがあります。

やはり、市販のものより手作りの衣装の方が、子供とのコミュニケーションが生まれて楽しいことと、いつまでも思い出になると思います。

まとめ

手作り ハロウィン 衣装
ハロウィン衣装は、すべて市販のものを購入するよりも、100均などを利用しながら、手作りの衣装を作る方が、パーティーでの注目度も高くなることと、子供との触れ合いが出来、印象深い思い出になると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ