副業の確定申告で会社にばれない為の基礎知識!これで安心ガッツリ稼ぐ

副業では、確定申告でばれないようにする必要があります。

確定申告とは、会社にばれない副業は?ばれない方法は?などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

確定申告とは?

副業 確定申告 会社 ばれない
税金の中で所得税は、納税者が前年の1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して、翌年の2月16日から3月15日までの間に、税務署に確定申告書を提出して税金を納めます。この手続きを確定申告と言います。

1年間に得た売り上げや収入から必要経費を引いた所得を計算し、各種控除も差し引いた後に課税の対象になる所得を求めます。

確定申告は、一般の会社のように年間の所得を源泉徴収という形で税金を徴収している場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。これらの場合の確定申告は、税金を計算し払った金額と清算の手続きを確認するという意味合いを持ちます。

会社にばれない副業は?

会社に副業がばれるのは、会社の給料から住民税が天引きされる特別徴収によります。会社が天引きして住民税を支払っていますので、一人一人の住民税がいくらなのかを把握しています。

会社の給与以外のアルバイトや副業の収入も含むすべての収入分の住民税が、会社で天引きされますので、ここで副業がばれることになります。

自分が自ら副業をしていると申告しない場合は、会社が副業をしていることを把握する手段はありませんが、副業分の住民税を別に納付せずに一括納付する形にしておけば、会社が住民税から副業をしていることを知ることが出来ます。

春頃に、役所に会社からの源泉徴収票と副業の先から支払報告書が届きます。役所から会社には住民税額が通知されて、会社は毎月給料から住民税の分を引きますが、副収入分が含まれていると、会社の計算する源泉徴収票の金額と合わなくなるので、ばれるわけです。

ばれない為には、副業の住民税を自分で納付することを役所の住民税担当者に連絡して、手順を相談、確認して自分で納付する普通徴収の方法で納付する手続きを取ります。

Sponsored Links

ばれない為の方法は?

副業の住民税を普通徴収で納める場合は、自分が住んでいる役所の住民税担当者に連絡を取り、副業の分を自分で納付する普通徴収出来るかどうかと、副業分の収入が会社に連絡されることがないかなどを確認することが必要です。

確定申告書に記載する場合、住民税の支払方法を選択する住民税・事業税に関する事項という欄の、給与所得以外の住民税の徴収方法の選択で自分で納付(普通徴収)欄にチェックして、会社から天引きされる特別徴収には加算されなくなり、ばれなくなります。

副業(在宅ワーク)で稼げる方法はこれしかありません。

体験談

会社勤務の時は、副業をする必要がありませんでしたので、自分自身は会社にばれないように副業を行った経験はありません。

しかし、経営の立場で社員の管理を行い、本業に差しさわりの出るような副業の有無を調べさせたことはあります。

結果は、副業を行っている人もおりましたが、会社としてそれほど厳しい罰則を定めてはおらず、あまり本業に差しさわりもない俯仰でしたので、深く追求せず大事にはならなかった事例があります。

働き方の多様性は自然な流れであり、今後は一つの会社に拘束されず複数の会社で働く仕事のやり方を制度として、堂々と認めることが当然のことになる必要があると思います。

まとめ

ばれない 副業 確定申告 会社
副業は、会社の収入だけでは満足がいかない場合もありますが、本業の会社の収入だけでは生活が苦しい場合や、借金などの深刻な事情を抱えた場合もあり、一概に否定されるものではないと思います。

ただ、法的な制限や、その会社の風土というものもありますので、会社の方針とあまり真っ向から抵触しないように、自分で住民税を納めることなどの合法的な方法を検討してみることが宜しいかと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ