掃除機でおすすめとされていた紙パック方式の評価は?もっと便利な機種は?

掃除機は、紙パック方式がおすすめとされていました。

掃除機の紙パック方式の評価は、現在人気の掃除機はなどにつきまして紹介します。

Sponsored Links

掃除機の紙パック方式の評価は?

掃除機 おすすめ 紙パック
掃除機選びでは、サイクロン式掃除機と比較すると、紙パック式掃除機の方が優れているという評価が定着しています。その理由は、まずゴミ捨てが楽なことです。それまでの真空掃除機は、ゴミ捨てのたびにフィルタに積もった粉塵を叩き落す大変な作業がありました。

次に、手入れが簡単であるということです。また、掃除機の性能に対して価格が妥当である点です。従いまして、結論として紙パック方式が優れていますので、サイクロン方式ではなく、紙パック方式の掃除機の中から掃除機を選ぶことをおすすめします。

ゴミ捨てやフィルタ掃除の面倒なことが無い紙パック式掃除機が普及したので、多くの種類の掃除機が発売され、今では吸引力が強いものや高性能紙を搭載したもの、音が静かなものや小型で軽量なものなど、用途に合わせた様々なタイプの掃除機が発売されています。

現在人気の掃除機

ここでは、現在人気のある掃除機を紹介して行きます。魅力ある掃除機が多くあるので注目ですね!

掃除機名:日立 かるパック CV-PA300

人気の理由
日立かるパックCV-PA300は、2014年型かるパックシリーズの製品です。前後左右から吸い込めるヘッドを備えており、捕集率が100%に限りなく近いクリーンな排気です。また、国産紙パッククリーナーでトップクラスの静音性を実現しております。
URL:CV-PA300

掃除機名:パナソニック MC-PA24G(MC-PC34AG)

人気の理由
パナソニックMC-PA34G(MC-PC34AG)は、紙パック掃除機MC-PAシリーズのハイグレードモデルです。独自の華やかなデザインの掃除機で、ノズルに新開発の毛先が球ブラシを採用し、軽量の延長管とホースやハンドルを搭載して操作性を向上させております。
URL:MC-PC34AG 

掃除機名:エレクトロラックス エルゴスリー オート

人気の理由
エレクトロラックスエルゴスリーオートは、スウェーデンの家電メーカーのエレクトロラックスの紙パック掃除機です。日本市場向けに開発されたモデルで、業界トップクラスの静音性とクリーン排気、ダストピックアップの高さが特徴で、ヘッドがモーター駆動式のパワーノズルになっています。
URL:エレクトロラックス

Sponsored Links

掃除機名:三菱電機 Be-K TC-FXD5J

人気の理由
三菱電機Be-KTC-FXD5Jは、紙パック式Be-Kシリーズのエントリーモデルです。吸い込んだ風の力でブラシを回転させるタービンブラシを搭載しており、吸気を2方向から通す仕組みで吸引力が落ちにくく、紙パックも長持ちします。上位モデルの30、000円から40、000万円の価格に対し、13、000円前後の求めやすい価格になっています。
URL:TC-FXD5J 

掃除機名:日立 CV-PY9

人気の理由
日立CV-PY9は、日立の紙パック掃除機CV-PYシリーズの上位モデルです。モーターに内蔵しているゴミハンターヘッドは、菌もふき取るかるふきブラシを採用していて、床質に合わせてパワーを調整し節電する運転機能も搭載しています。価格は21,000円前後です。
URL:CV-PY9

サイクロンVS紙パック掃除機比較

体験談

単身生活を長く行ったことがありますので、掃除機については非常に関心があります。もちろん、毎日のように掃除機を使用していた体験があり、今でも自分の部屋の掃除は自分で掃除機をかけて入念に行います。

掃除は、一度にまとめてするよりも毎日こまめに行う方が、部屋の汚れが少なく、塵や埃もたまりにくいと思います。自分自身の運動もかねて、毎日掃除をすることを習慣にすることが、塵や埃を吸い込む危険を避ける事にもなります。

まとめ

紙パック 掃除機 おすすめ
掃除機は、日進月歩の進歩を遂げておりますが、サイクロン式から紙パック式に変化したことは、大きな進歩だと思います。

衛生的な点や交換の手間、更に経済的な点など、住環境にとって大きな改善だと考えられます。紙パック式の掃除機で毎日掃除をして、クリーンな生活を送りたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ