冷蔵庫のサイズで一人暮らしに適しているのは?選び方で電気代を損をする!

冷蔵庫は、一人暮らしに適したサイズがあります。

一人暮らしの冷蔵庫で重要な事は何か、一人暮らしに適しているサイズは、一人暮らしサイズ以外を購入した場合のデメリットは、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

一人暮らしの冷蔵庫で重要な事は?

冷蔵庫 サイズ 一人暮らし
一人暮らしをするときに必要なものは家具や家電ですが、特に冷蔵庫は食べ物や飲み物を保存・保管する際の必需品ですし、値段も安くないので、慎重に選びたいものです。

住居のスペースとのかね合いもありますが、まず大きさをどの位にするかが重要です。

大きさは80Lから200L程の幅があり、自炊をするかしないかにより大きさが変わりますし、自炊の頻度によっても冷蔵庫の容量が変わってきます。

次に、一人暮らしの住居は、キッチンスペースも狭く作られている場合が多いので、冷蔵庫を置くスペースの幅や高さを事前に調べて、サイズを正確に測っておくことが必要です。

消費電力のチェックも大切で、商品の価格と共に一年間使用の電気代の確認も大事です。

商品の使い勝手も重要で、冷凍室や製氷機の機能や容量、住居のスペースに合ったドアの開閉が出来るかどうか、また色合いや形体が居住空間とあっているかどうかも重要です。

適しているサイズは?

どのサイズが適しているかは、自炊をするかどうかや、自炊の頻度によります。

自炊をしない人は、80リットル程度の容量の値段が2万円前後の冷蔵庫で十分だと思いますが、飲み物を多く入れる場合や冷凍食品を買い置きしておきたい人は、ワンサイズ上の容量の冷蔵庫が安心です。冷温庫や保冷庫だけであれば、1万円前後で購入できます。

時々自炊をする人は、120リットル以上の冷蔵庫が欲しいと思います。保存が必要な食材などを余裕で冷やすことが出来る少し大きめの、3万円前後のものがおすすめです。

毎日自炊をする人は、200リットル以上の4万円前後のものが適していると思います。

Sponsored Links

一人暮らしサイズ以外を購入した場合のデメリット

冷蔵庫は、生活をしていく上ですぐに必要となりますので、一度購入してしまうと、一人暮らしには適していないサイズでも、即座に交換するということが面倒なので、不便なものを使い続けることになるというデメリットが考えられます。

大きすぎる容量であれば、スペースを取るので住空間が狭められるデメリットが考えられますし、逆に小さすぎるサイズの場合は、自炊等に支障があり、生活がしにくいというデメリットが考えられます。

後悔しない為には、自分の生活スタイルを考えて、特に自炊の頻度を想定した冷蔵庫の余裕のあるサイズを選び、活用しそうな冷凍庫や製氷機の機能や、自分が気に入った色や形を選ぶことだと思います。

エコナビ冷蔵庫

体験談

長い単身生活で、一人用の冷蔵庫を活用した体験があります。単身生活の時の食事は、自炊と中食と外食に分けていましたので、冷蔵庫は自炊と中食の時に使用しておりました。

最初の内は、カレーライスの自炊も、じゃがいもやニンジンを購入して本格的な材料の料理を作っていましたが、徐々にインスタント食品で済ませるようになり、自炊の為に冷蔵庫を使用する頻度は少なくなりました。

しかし、飲み物や食べ物の保管という意味では、単身生活で冷蔵庫を上手く活用することが大切であることを、身をもって体験できました。

まとめ

 一人暮らし 冷蔵庫 サイズ
これからの時代は、高齢化の進行とともに、ますます一人で生活するお年寄りが増えることが予想されます。

その場合は、一人で食事を作らなければならないので、自分の生活のスタイルに合った一人用の冷蔵庫を上手く利用して、自炊を効率的に行うことや、電気代の節約をすることも非常に重要な事になります。

若い頃から、単身赴任などの機会に、冷蔵庫を活用して自炊を積極的に行うなど、一人で生きるノウハウを身につけておくことが重要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ