退職届と退職願の違いは?難しいマナーを理解して恥ずかしくない社会人!

退職は、退職届けで会社に伝える場合と退職願を提出する場合があります。

退職届とは、退職願とは、退職届と退職願の違いは何か、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

退職届とは?

退職届とは
退職届は、退職を届け出る書類のことで、○月△日に退職しますという意思を伝える法的な手続きの意味が強くなるので、退職の意志の撤回が出来にくくなります。

具体的には、退職届を提出することによって、雇用契約の終了予告が成立することになり、会社側が撤回の意志を示さない限り撤回できなくなりますので、退職を望む人が、退職をする場合の手続きとして、退職願ではなく退職届を出す場合は十分な注意が必要です。

逆に会社側の立場としては、何らかの事情で辞めてほしい人に対応する場合は、退職願ではなく退職届であることを本人に断った上で、退職届を提出させることが出来れば、提出後に本人が退職の撤回を求めてきても撤回できないことになりますので、好都合になります。

退職願とは?

退職願は、退職を願い出る書類ですので、一度は退職を希望することを願い出ても、退職の意志を撤回することが、可能になります。

退職願は、最初に上司に提出されますが、人事権を持つ代表取締役社長などから退職を承認することが本人に告げられて、はじめて雇用契約の終了予告がなされたことになり、法的に有効になります。それまでは退職が撤回できますので、一度退職願を提出してもそれを撤回することは出来ます。

ただし、必ず撤回できるかどうかは、会社の規模や会社側の考え方にも左右されますので、100%退職が撤回されることが保証されないことと、撤回できても、その後人事部の人間からはマークされますので、居心地が悪い職場環境になることも考えられますので、退職願の提出は慎重に考えるべきです。

退職届と退職願の違いは?

言葉の違いの通り、退職届は退職を届け出るもので、退職願は退職を願い出るものということになります。仕事を辞めますという連絡のような届け出と、仕事を辞めさせてくださいというお願いの違いとも言えます。

退職願は、提出後にやはり辞めることを取りやめたいという退職の撤回が出来ますが、退職届は、後から辞める事を無しにする退職の撤回が法的には出来なくなりますので、本当に退職するかどうかを慎重に考えて提出する必要があります。

通常は、退職する場合は退職願を上司に提出しますが、上司と十分に退職の相談をして上司に認められた上であれば、退職届を提出しても良い場合があります。

退職届、退職願の書き方とその違い

体験談

自分自身が長いビジネスマン生活の中で、かなりの転職を体験しましたので、退職願をそのたびに提出しました。その際に退職を慰留されたことも、幾度かあり迷ったこともあります。

また、自分のキャリアで人事の仕事で、多くの退職願を会社側の人間として受け取りましたが、ほとんどは退職願という形でした。退職届という場合は、相当退職する本人と会社の関係が険悪になっている場合や、会社都合で解雇をせざるを得ない場合などが大半でした。

Sponsored Links

退職願を提出した後に、実際に引き留められて残った実例も目にしましたが、一度退職を言い出した社員は、いつまでも人事で記録され、人事の印象が悪く人事評価も低くなります。

退職の際に本人と会社側がトラブルになるケースはよくあり、退職願や退職届は証憑書類として重要になります。一般的である退職願は、本人の退職の意志が人事的な証憑書類として残るために、退職後に争い事などが起こった場合に備えて、どのような退職でも、会社側としては本人から退職願を受け取っておくことに力を注ぐことが多いと思います。

まとめ

退職届
日本の慣行である終身雇用や年功序列が怪しくなってきておりますので、転職をする場合もあり得ると思います。

退職願と退職届の違いを良く認識して、いざというときには、退職願を提出できるように心の準備をしておくことも必要だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ