健康保険の扶養条件とは?正しい理解をして恥ずかしくない社会人!

健康保険は、扶養にするときの手続きが必要です。

健康保険とは、扶養とは、健康保険の扶養条件の簡単な解説、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

健康保険とは?

健康保険の扶養条件
健康保険は、病気やケガなどの出費に対して自己負担が軽減される保険制度のことで、出産育児に一時金が支給される制度です。加入対象は会社員で、企業と本人が半々で保険料を支払います。自己負担は、通常は3割で、3歳未満が2割、70歳以上が1割です。

現在の公的な健康保険は、被用者保険と国民健康保険の2つに分けられます。被用者保険は、サラリーマンなどが加入する健康保険で、そのほかに船員が加入する船員保険、公務員や私学の職員の共済保険があります。国民健康保険は、国保という略称が使用され、会社員や公務員、船員以外の、自営業を営む人やその家族が加入する保険になっています。

被用者保険では、健康保険の加入者である被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている被扶養者も保険が受けられることになっています。しかし、被扶養者になる要件があります。

扶養とは?

扶養の意味は、親族を経済的に支えることで、一般的には家族の中で経済的な力がある人が、子供や配偶者を経済的に支えることを求められます。民法では、配偶者や子供、老親の扶養義務の他に、直系のお血族や兄弟姉妹の間の扶養義務を課す記述も見られます。

健康保険では、被保険者の病気やケガ、死亡や出産などに対して、保険給付が行われ、被扶養者の病気やケガ、死亡や出産についても保険給付が行われます。この保険給付が行われる被扶養者の範囲は、扶養条件として詳細に定められています。

Sponsored Links

健康保険の扶養条件を簡単に解説!

新しく全国健康保険協会管掌の健康保険の被保険者となった人に、被扶養者がいる場合や被扶養者の追加があった場合、被保険者は事業主に被扶養者異動届を提出します。

被扶養者の範囲は、被扶養者との同居を必要としないのは、配偶者、子・孫及び弟妹、父母・祖父母などの直系親族などです。被保険者との同居が必要なのは、兄妹、伯叔父母、甥姪とその配偶者などの3親等内の親族と、内縁関係の配偶者の父母及び子になります。

収入は、1年間の収入が130万円未満で、同居の場合は収入が扶養者の半分未満であること、別居の場合は収入が扶養者からの仕送り額未満であることが要件となります。

被扶養者に該当する条件は、上記の収入の要件に合致していることと、被保険者により主たる生計を維持されていることで、条件に当てはまれば被扶養者として認定されます。

認定に当たっては、提出書類や添付書類が求められますが、収入要件を確認する書類は必ず求められ、状況により続柄確認や同居確認、内縁確認などの書類の添付が必要になります。

国民健康保険が危ない!

体験談

健康保険は、転職のたびに色々な保険組合に加入して保険料を支払ってきました。自分自身は、ほとんど病気をしたことが無いので、保険料がもったいない気がしますが、病気になり高額の治療費を支払う人にとっては、あり難い制度であり、継続していく価値があると考えます。

ただ、保険料が高いので、どのように使われるのかは、一層の説明と透明性が必要であると思います。

まとめ

扶養条件 健康保険
今後の日本は、少子高齢化がますます加速していきますので、老人の病気に要する医療費が老齢化に比例して増大していくことと、健康保険の原資となる保険料収入が先細りになる危惧があります。

健康保険の意義がよりたかっていく一方で、保険料収入が心配になっていく状況にあります。

今までにはたしてきた役割はそれなりに評価できますが、時々官公庁に見られる保険料収入などの不透明性の問題には関心を持ちながら、更に効果的な保険制度を構築していく段階に来ていると思います。

個人的には、健康に気を付けて、なるべく健康保険のお世話にならないようにしたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ