風邪で熱がある場合にお風呂は大丈夫?正しい入浴で健康管理

風邪の時のお風呂は、気になるものです。

風邪とお風呂の関係、風邪で熱がある場合にお風呂は大丈夫なのか、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

風邪とお風呂の関係

風邪 熱 風呂
風邪とお風呂についての、風邪を引いた時は入浴を避けるべきだという日本の考え方は、昔の銭湯を利用した生活環境や、お風呂が家の屋外に合った住宅の構造と関係があります。

銭湯を利用した場合は、熱いお湯に入って体力を消耗した上に、入浴後の帰り道は外気で体が冷え切ってしまうので、風邪を引いている時は身体に悪い条件が重なってしまうので、お風呂に入ってはいけないことになっていました。

また、屋外にお風呂がある場合も、脱衣所は寒いので湯冷めをすることが多く、風邪を悪化させる要因となったので、風邪の時はお風呂を控えた方が良いということが一般的でした。

西欧では、石やレンガ造りの住宅が多いので保温性が高く、家屋の中のお風呂上りにはガウンを羽織ることが出来た上、暖かい毛布などの用意もあり湯冷めの心配がありませんでしたので、日本と反対の風邪を引いたらむしろお風呂に入ることが良いとされてきました。

現代の日本の住宅事情は、浴室が屋内にあり、家の気密性も改善されています。暖房設備や暖かい衣類、寝具などが揃っており、お風呂が禁止された時代とは、住環境が大きく異なっていますので、日本でも風邪を引いたらむしろお風呂に入る条件が整ってきています。

風邪で熱がある場合にお風呂は大丈夫?

お風呂は、身体の血行を良くし血管を拡張させますので、身体の新陳代謝を高めますので、風邪の鼻づまりにも効果的です。

また、浴室の湯気が喉の保湿対策に有効で、ウイルスの活動を抑える環境としても適しています。風邪で熱が出ると汗をかきますが、入浴により皮膚を清潔に保つことで、汗をかく作用も円滑に働き、ウイルスに対しての抵抗力が高まります。

ただ、長湯や熱すぎる湯は、体力を消耗してしまい疲労感が出ますので、避けるべきです。

浴室も着替えの場所も、寒くないように準備しておいて、湯の温度は熱すぎずぬる過ぎない温度が適切です。入浴後は、湯冷めをしないように気を付けて、早めに布団に入ります。

それほどの熱でなければ大丈夫ですが、目安としておよそ38度以上の高熱の場合や、ひどい悪寒や倦怠感、激しいおう吐や下痢、その他入浴を避けた方が良いと思われるほどの、めまいや頭痛に襲われた時は、お風呂は控えて、安静にしてゆっくり休んだ方が賢明です。

自分の風邪の程度をしっかり見極めた上で、無理をせずに養生して、お風呂も上手に活用しながら風邪を克服することが大事です。

入浴の基礎知識①風邪の時の入浴

体験談

大きな病気の体験はほとんどありませんが、風邪は数年に一度くらいは体験しています。それほどひどい風邪の経験はありませんので、入浴できないという風邪の経験もほとんどありませんが、数えるほどですが重症の風邪の時には入浴もしませんでした。

その時は、ちょうど連休の時で、高熱で全身の倦怠感がひどく、関節に力が入らない脱力したような状態でした。また、激しい悪寒に襲われ、頭痛も激しかった記憶があります。

Sponsored Links

入浴をする気も起きず、3日間程ほとんど食事の時以外は眠っていたような状態で、大量の汗をかいて、頻繁にパジャマや下着を着替えていました。やがて熱が下がって、身体が楽になってきましたので、徐々にシャワーを浴びながら、回復してきたことがあります。

毎日のハードワークの疲れが、連休ということで出て、風邪気味の症状が疲労と重なって急激に悪化したものと思われます。

まとめ

風呂 風邪 熱
風邪とお風呂は、日頃の健康管理のバロメーターになります。風邪は、引いていない通常の生活では意識しませんが、いったん風邪を引いてしまうと、気分の悪さに苦しむとともに、いかに普段の健康が大事か、有り難いものかが実感として分かります。

また、お風呂も、毎日何の気なく入っていますが、高熱で入れないとなると、何となく体がむずむずして気持ちが悪く、毎日お風呂に入れる幸せや有り難さを感じることが出来ます。

風邪を引かないように気を付けることも、毎日お風呂に入り身体を清潔に保つことも、健康管理に欠かせない大切なことです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ