風邪の熱をお風呂で下げる事は可能なの?正しい入浴で健康管理

風邪とお風呂の関係は、微妙な点があります。

風邪とお風呂の関係、風邪の熱をお風呂で下げることは可能なのか、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

風邪とお風呂の関係

風邪 お風呂 関係
風邪とお風呂の考え方は、日本人の住環境の変化とともに変わってきています。日本人は、昔の銭湯を利用する場合が多かったことや、お風呂が屋外にあったために、風邪を引いた時に身体が冷えることを防止するために、入浴を避けるべきだと考えたと思われます。

銭湯の場合は、熱いお湯で体力を消耗し、帰り道は外気で体が冷えてしまい、悪い条件が重なるので、お風呂は好ましくないことでした。

屋外のお風呂も、脱衣所で湯冷めをするので、風邪を悪化させるので、風邪の時はお風呂を控えることが常識でした。

西欧では、住宅の保温性が高く、家屋の中のお風呂上りには暖を取ることが出来たことや、湯冷めの心配がなかった背景がありますが、日本と逆の考え方で、風邪を引いた時はお風呂に入ることが良いとされたのです。

それは、西欧では入浴により清潔にするという考え方が強く、多少の熱でも入浴する習慣が従来からあります。

日本も住宅の状況が改善した昨今、風邪を引いたらお風呂に入ることはだめだという考え方も変わってきていることと、日本でも風邪を引いたら西欧と同じように多少の熱でも清潔にするという生活習慣の考え方が浸透してきており、お風呂に入った方が良いという環境になってきています。

風邪の熱をお風呂で下げる事は可能なの?

お風呂は、身体の血行を良くすることで、風邪の鼻づまりに効果がありますし、浴室の湯気が喉の保湿対策になり、ウイルスの活動を抑制します。また、入浴により皮膚を清潔に保つことで、汗をかく作用も円滑に働くようになり、ウイルスに対しての抵抗力が高まります。

更に、お風呂のお湯で体温を上げると、身体が熱を逃がそうとするので、ゆるやかに体温を下げることが出来るのです。つまり、風邪の熱をお風呂で下げることが可能なのです。

勿論、長湯をすることや、熱すぎる湯に入ることは、体力の消耗に繋がり、疲労してしまうので控えることが大切です。

浴室や脱衣所を、あらかじめ暖かくしておいて、湯温は適温にして入浴することも大切です。また、お風呂からあがったら、身体を冷やさないように注意して、すぐに就寝することです。

およそ38度以上のかなりの高熱の風邪の場合や、ひどい悪寒や激しいおう吐の症状がある場合は、入浴を避けた方が良く、安静にしてゆっくり休んだ方が良いと思います。

入浴により風邪の症状が改善して熱が下がるかどうかの判断をしっかり行って、入浴も活用しながら風邪対策を実施することが肝要です。

熱が出た時の過ごし方

体験談

何度も風邪を引いており、お風呂に入れなくなったことも何度かはあります。ただ、かなり具合が悪くて、入浴を躊躇したことは何度かありますが、本当に入らなかったことは数えるほどです。

入浴をしたけれども、長湯をせずに短時間で入浴を済ませて、すぐに就寝したことも何度かはあります。入浴をしてさっぱりしたい方なので、入浴できないことはつらいことです。私の場合、軽度の風邪は入浴も清潔にして風邪を治す方法として活用してきました。

Sponsored Links

風邪に限らず、入浴は一日を締めくくる大切な習慣ですので、毎日必ず行いたいものです。

入浴よりも、会社勤務をしていた間は一日も欠勤をしたことが無く、生まれついての健康体だと自覚していますが、これからの季節は、風邪が流行する時期ですので、風邪を引いて入浴が出来なくならないように、日々注意して健康体で生活したいものです。

まとめ

お風呂 風邪 関係
風邪とお風呂の関係も、日本の住宅事情と共に改善してきて、風邪を引いたら入浴を控えるということも、昔のことになってきました。

しかし、激しい高熱の場合やひどい悪寒や下痢などの場合は注意が必要です。風邪を引かないように注意する事も大切なことですが、入浴の前にトレーニングなどで体を鍛えて、汗を流す習慣をつければ、守りの健康管理だけではなく、積極的で能動的な健康管理になると思いますので、その人なりの健康法を実践することも良い方法かもしれません。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ