雇用保険の加入条件とは?年齢は何才で一般常識の知識として必要か

雇用保険は、失業時や職業訓練時の保険です。

雇用保険とは、加入条件は、年齢は何才からか、雇用保険の知識は必要か、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

雇用保険とは?

雇用保険 加入条件
雇用保険は、政府が管掌する強制の保険制度で、労働者を雇用する事業所は原則として適用されることになります。

労働者の生活や雇用の安定と促進を目的としており、労働者が失業した場合や職業訓練を受けた場合に給付金を出す保険制度です。

また、失業の予防や雇用状態の改善、雇用機会を増やすことや労働者の能力開発や福祉の増進をはかる事業も雇用保険の制度が実施しています。

加入条件は?

雇用保険の加入条件は、正社員や契約社員、パートなどの雇用形態にかかわらず、1週間の所定労働時間が20時間以上であること、31日以上継続して雇用が見込まれること、65歳に達した日以後に新たに雇用されるものでないこと、という条件に該当する労働者であれば加入の対象になります。

法人の役員は雇用保険に加入できませんが、兼務役員として従業員の身分を有する場合は、雇用保険に加入できることがあります。

年齢は何才から?

雇用保険の加入条件には年齢制限があり、雇用保険法第6条の適用除外の定めにより、65歳以降は雇用保険に加入することが出来ません。

この定めは、65歳からは原則として年金の支給があるので、現役の労働者とは認められず雇用保険の対象外と見なされる為ですが、実際に年金を支給されているかいないかにかかわらず、雇用保険に入ることは出来ません。

雇用保険の知識は必要か?

雇用保険の失業給付は、労働者が失業した時に生活を支える大きな公的保障になりますので、雇用保険についての知識を修得しておくことは是非とも必要なことです。

雇用保険の失業給付は、失業保険とも言われますが、休職期間中に生活を続けていく上で、中心となる給付となりますので、失業給付の受け取る条件や制限を知ることが大切です。

失業給付を受け取るためには、二つの条件があります。

一つ目の条件は、必要となる雇用保険の被保険者期間を満たしていることです。つまり、一定以上の雇用保険の加入期間ということですが、その期間は自己都合退職と会社都合または会社の倒産により、それぞれ異なっています。自己都合退職の場合は、雇用保険の被保険者期間は、離職の日以前2年間で12か月以上の雇用保険加入、即ち1年以上の保険加入が必要だということです。

会社都合や会社の倒産の場合は、自己都合とは条件が違ってきまして、必要な被保険者期間は離職の日以前1年間で6か月以上になります。

二つ目の条件は、就職したいという積極的な意思があることです。求職活動をしているにもかかわらず就職できない場合に失業給付を受けることが出来、火事に専念する場合やパート・アルバイトをしている場合などは、就職したいという積極的な意思がないとみなされることがあります。

雇用保険法[lesson 基本手当の受給資格、手続き]

体験談

雇用保険は、転職を多く経験しましたので、転職のたびに失業給付を考えました。ただ、人材紹介の会社のコンサルタントの紹介があり、比較的早く次の会社が決まりましたので、失業給付を受給する機会はありませんでした。

自分自身の体験はありませんが、退職や解雇によって失業給付を受けなければならない人へのアドバイスが必要であり、会社の退職に関する規定の会社都合と自己都合についての違いを説明したことや、公的な失業給付についての相談に乗ったことは何度もあります。

退職金の額も、会社都合と自己都合では大きく金額が異なる場合が大半であり、また失業給付が実施される時期も、会社都合と自己都合では異なっているので、今後の該当者の生活を考えて、有利になるようにアドバイスしたことや会社の規定を運用したこともあります。

まとめ

加入条件 雇用保険
雇用保険の運用も、今後の日本の少子高齢化と深くかかわる問題です。働き盛りの労働者の人口が減少していく中で、雇用保険や年金の制度を今までのように続けていくことは、かなりの困難が予想されると思います。

今まででも、年金制度の運用の不手際を、団塊の世代にしわ寄せさせて、段階的に年金の支給年齢を引き延ばしてきました。

団塊の世代の中には、瞬間的に、企業等の定年と年金支給の開始年齢にギャップが生まれ、深刻な打撃を被った人が多くいました。

今では65歳の支給年齢が、将来的には70歳になると言われています。これからの、雇用保険や年金についての、中長期的で効率的なビジョンを望みたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ