箱根駅伝の2016注目選手を紹介!往路区間別の見たいランナー!

箱根駅伝の選手は、母校の名誉を背負って走るので、学校の出身者からも注目されます。

箱根駅伝の注目選手になる為には、往路区間注目の選手は、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

箱根駅伝の注目選手になる為には?

箱根駅伝 2016 注目選手 往路
学生ランナーは、箱根駅伝についての意識はあると思いますが、4月から6月にかけて当面は、トラック種目を中心に活動しています。

5千mや1万mなどで、良い記録を出すことに励み、5月の関東のインカレ大会や6月の日本選手権などで実力の発揮をすることが個々の選手の目標になります。

チームとしては、6月下旬に行われる全日本大学駅伝の関東学連選考会が最初の目標となります。前回大会で6位以内に入ったシード権のある大学と、残りの枠がトラックの1万mのレースで争われます。この関東学連選考会の後に、10月の出雲駅伝、11月に全日本大学駅伝があり、これらの3つが学生三大駅伝と呼ばれています。

箱根駅伝に出場する大学は、ほとんどの学校でスポーツ推薦枠があり、全国規模で優秀な選手が集まってきます。そして、陸上部は長距離だけで40人から50人以上の部員がひしめいており、その中で箱根駅伝を走ることが出来るのは10人だけですので、まず熾烈な学校の陸上部の争いを勝ち抜くことが必要になります。

箱根駅伝を走れる選手となる為には、最も重要な時期となるのが夏合宿になります。夏合宿は、チームにとっても重要であり、箱根駅伝メンバーを決定するサバイバルレースであるとともに、勝てるチームをいかに作り上げることが出来るかが問われます。

この過酷な闘いを勝ち抜き、充分なスタミナと技術力があり、強いチーム力、結束力に貢献できると指導者に認められたランナーが、箱根駅伝の注目選手になる可能性があるのです。

往路区間注目の選手は?

箱根駅伝は、毎年区間ごと注目選手が走ります。事前に箱根駅伝の注目選手を知る事で応援も更に楽しくなります。

箱根駅伝往路区間別の注目選手を紹介して行きますね!

往路区間1区注目選手名:久保田和真(青山学院大)

東京大手町・読売新聞東京本社~横浜・鶴見区市場大和町歩道橋新社屋前
距離:21.3km

注目される理由
久保田和真は、九州学院高校出身で、全国高校駅伝一区の区間賞などを記録したランナーです。2015年の一区の区間賞を記録した駒大の中村が卒業となる2016年は、2015年は一区の2位であった久保田が区間賞となる確率が高く、注目される選手です。

往路区間2区注目選手名: 服部勇馬(東洋大

横浜・鶴見区市場大和町歩道橋新社屋前~横浜戸塚・古谷商事前
距離:23.1km

注目される理由
服部勇馬は、仙台育英高校の出身で、2年の時に全国高校駅伝1区で3位、3年の時に高校総体で5千m5位の実績を残しています。2015年の箱根駅伝では、2区で区間賞を取っており、2016年の箱根駅伝でも東洋大のエースとして期待される注目の選手です。

往路区間3区注目選手名: 中谷圭佑(駒大)

横浜戸塚・古谷商事前~平塚・唐ヶ原交差点前
距離:21.4km

注目される理由
中谷圭佑は、名門の西脇工高でエースとして活躍した選手で、2015年の3区区間賞を達成しています。2014年は、4区の区間賞を記録しており、2016年にも大きな期待がかかる注目の選手です。

Sponsored Links

往路区間4区注目選手名: 田村和希(青山学院大)

平塚・唐ヶ原交差点前~小田原・メガネスーパー前
距離:18.5km

注目される理由
4区の区間新を記録しており、2016年の活躍も大いに期待できる選手です。山口県の強豪校である西京高校の出身で、全国高校駅伝でも3区で4位の実績を残しています。全日本の大学駅伝では補欠でしたが、デビュー戦となった箱根駅伝で4区の区間新を出すという快挙を上げており、注目度の高い選手です。

往路区間5区注目選手名: 神野大地(青山学院大)

小田原・メガネスーパー前~箱根町・芦ノ湖駐車場入り口
距離:23.2km

注目される理由
神野大地は、山の神と称された東洋大学OBの柏原の記録を上回る区間記録を記録しており、青山学院のエースとして他校に差をつける可能性が大きいと予想されます。中京高校の時はそれほど目立ちませんでしたが、大学2年ころから急激に成長してきたランナーで、2016年の活躍にも期待がかかる注目の選手です。

青学大初V 箱根駅伝視聴率往路28.2%復路28.3%

体験談

箱根駅伝の面白さは、何といってもごぼう抜きの醍醐味です。

今までは、外国からの選手が驚異的な走りで日本の選手をごぼう抜きする光景が見られましたが、最近は日本人の選手も、東洋大OBの柏原選手のように坂の途中でどんどん先行する選手を追い抜いていく爽快な走りを見せてくれる選手があらわれ、テレビ観戦の楽しみが大きくなってきました。

駅伝はチームの争いであるので、一人一人の選手が個人の力量を越えた走行を見せるので、それぞれの区間の真剣な戦いが見られるのだと思います。

まとめ

2016コース 箱根駅伝 復路
区間賞を記録した選手が注目されますが、一年間の間の練習量や個人個人の出来事で、何が起こるか分からないのも、駅伝の興味深いところです

理論的にはタイムが良い選手が有利ですが、その時の体調や気候などの色々な要因でハプニングが起こるのも箱根駅伝の興味をそそられるところだと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ