育児休業給付金を計算する方法は?正しい知識で安心子育て!

育児休業給付金は、育児をする場合に役に立つ制度です。

育児休業給付金とは、育児休業給付金をもらうメリットは、育児休業給付金を計算する方法は、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

育児休業給付金とは?

育児休業給付金 計算方法
育児休業給付金は雇用保険の制度で、働いている母親の育児休業中の生活を支援する制度です。

通常は生まれた子供が1歳になるまでの期間で、事情によって1歳6ヵ月まで支給される場合があります。支給される額は、最初の6ヵ月は休業前の給与の67%で、後の6ヵ月が休業前の給与の50%の金額になります。

ただし、給与の限度額があり、最初の6ヵ月は上限が286,23円で下限は46,431円、そのあとは上限が213,450円で下限が34,650円の限度額になります。

支給されるのは、産後5ヶ月から6ヵ月経過したあたりになりますので、それまでの生活の支出は計画的に行うことが大切です。

1歳6ヵ月まで支給されるのは、保育園に入れなかった場合です。従いまして、保育園の入所申し込みを1歳の誕生日までに行って、1歳になる前に保育園への入所を希望したが入所出来なかったことを証明する、保育所入所不承諾通知書が必要になります。

育児休業給付金の引き上げ

育児休業給付金をもらうメリットは?

育児休業給付金は、子育てで休業する家庭への育児休業給付の引き上げなどの改正雇用保険法が2014年4月から施行され、以前は給与の50%が給付される内容でしたが、給付の割合が67%に引き上げられ、給付金をもらう家庭には大きなメリットとなりました。

その他、育児休業給付金は所得税がかからず、社会保険料も免除されるメリットがあります。

配偶者特別控除も、育児休業給付金は非課税所得ですから、申告を必要としませんので、メリットになります。

育児休業給付金を計算する方法は?

育児休業給付金は、例えば一か月の給与が24万円の場合は、従来は24万円に50%をかけた12万円が給付されていましたが、2014年の4月からは、24万円に67%をかけた16万円が給付されます。改正によって、4万円増えることになり大きな差があります。

尚67%の引き上げは育児休業取得の6か月間が対象で、その後は50%の給付です。育児休業給付金は、受け取る時期や回数も確認して、やりくりに注意する事が大事です。

育児休業給付金は、2ヶ月ごとに支給されることになっています。出産後8週間(2ヶ月)は産後休業で、その後から育児休業が始まりますので、その期間終了後に支給申請をして、最初の給付金を受け取ることになります。

初回の給付金を受け取る時期は、育児休暇が始まってから数か月後になることも多いので、給付を受けるまでの資金計画が大切になります。

体験談

人事を長く経験しましたので、育児休業が法律で定められたことを受けまして、複数の企業で育児休業制度を作った経験があります。最初の頃は、企業も受け入れる事に積極的ではなく、制度を活用する社員もほとんどいない状態で、制度が円滑に機能しない状況でした。

育児休業の考え方は先進的で素晴らしいものでしたが、その頃は、今ほど少子高齢化が叫ばれておらず、積極的に取り入れようという企業も少なかった記憶があります。

ただ、現在のように少子高齢化が進み、女性も積極的に働くことが望まれる時代になって、漸く育児休業制度の内容をはかることが重要になってきたと思います。

まとめ

計算方法 育児休業給付金
出産の後、仕事を続けるか辞めるかを考える女性が多いと思いますが、2014年4月からの6ヵ月の失業給付の比率の引き上げにより、働き続けるメリットが増したと思われます。

また、夫も育児休業を取得すると失業給付が受けられますので、家計が楽になります。

育児休業制度は、まだ完成されたものではないと思いますが、少子高齢化に対応する一つの思索として、ますます充実した内容にしていく必要があると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ