頂くと戴くの違いは?聞かれて大丈夫な正しい回答はコレ!

漢字は、読み方が同じものでも、字が持つ微妙な違いがあります。

頂くの正しい使い方は、頂くの意味は、戴くの正しい使い方は、戴くの意味は、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

頂くの正しい使い方は?

頂く 戴く 違い
頂くは、飲食の謙譲語や丁寧語として、また補助動詞として広く使われます。また頂くは常用漢字ですので、いただくことをあらわす時の漢字は「頂く」で表現することが一般的です。

飲食で、食事を頂く、コーヒーを頂くなどの動詞の役割の謙譲語は、漢字を使います。つまり、頂くはもらうことと飲食行為の謙譲語になり、行為に対しての使用が多いのです。

一方、補助動詞の役割である、お越しいただくなどの場合は、ひらがなを使用します。ひらがなのいただくは、何かをしてもらう場合の補助動詞の尊敬語として用います。

頂くの意味は?

頂という漢字は、あたまという意味と一番上という意味の漢字が合体して出来た漢字であり、頂には本来は頭のてっぺんという意味があります。

頂くは常用漢字で、もらうことを丁寧に表現しています。頂を用いる熟語も山頂や頂点などがあり、頭やてっぺんを意味する熟語になっています。

その意味が転じて、大切にすることや敬い扱う意味で使用されています。

戴くの正しい使い方は?

戴くの使い方は、1つは頭の上にのせるという使い方があります。王冠を戴くという場合などに使います。二番目は、もらう謙譲語で目上の人から物品をもらうことや恩義を感じる行為をしてもらうことを、受け手側を低く表現する使い方があります。

戴の漢字は常用漢字ではありませんので、戴冠などの特別な儀式の表現などや、最上の立場の目上の人からの物品や行為をいただくという例外的な場合に使うのが良いと思います。

戴くの意味は?

戴という漢字は、戴冠という熟語があるように頭にのせる意味と、うやうやしく上にささげて持つという意味があります。団体の長として上に立てることで推戴という熟語がありますし、天をいただくという意味で戴天という熟語もあります。

戴くの意味は、頂くが持つてっぺんという要素は薄く、何かが上にかぶさっているニュアンスが感じられます。それで、山に雪を戴くという表現などは、ピッタリくるものがあります。

豆知識

石原慎太郎氏の著書で、「孤独なる戴冠」という題名があります。石原氏は、価値紊乱者の光栄というような独特の言葉遣いで、作家活動や思想・行動が表現される作家です。

戴という漢字は、このような日常的な言動や行動の上に位置づけられる象徴的な表現に使用されるような気がします。また、貴族の戴冠式など、現在とは異なるいにしえの儀式などに使用される言葉であると思います。

Sponsored Links

体験談

頂くという表現は、日常的に使用しており、親しみのあるものですが、戴くという体験は通常ならざるものであり、貴重なものだと思います。

自分自身の体験では、ビジネスマンとして昇進した時に交付される辞令が、戴くことに該当するような気がします。また、高校の評議員を長く続けて学校長から表彰された時の、賞状が戴くことにあたると考えます。

ゴルフのコンペで優勝した経験も多くありますが、この時のカップや賞品は、辞令交付や感謝状に比べると、戴くと頂くとの表現の違いがあるような気がします。

まとめ

戴く 頂く 違い
頂くが当用漢字で、戴くは常用漢字以外ということですが、乗用漢字という画一的な決め方が日本語をどんどんつまらないものにしているような気がします。

漢字は、文章で表現をする際の記号ですが、同時に色々な意味や情感が込められる、素晴らしい古からの遺産でもあります。

乗用漢字を選定する人が、どのような価値基準の鑑定眼を有しているかは分かりませんが、歴史的にはほんの一瞬の時代の合理的な価値観で、長い年月で推敲されてきたきらびやかな言語を抹殺してしまうとしたら、実に惜しいことであり哀しいことです。

世界に誇る日本語の美しさや奥深さを守っていくことが、大切なことだと考えます。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ