怖いと恐いの違いは?聞かれて大丈夫な正しい回答はコレ!

怖いと恐いは、区別をつけるのが難しい漢字の一つです。

怖いの正しい使い方は、怖いの意味は、恐いの正しい使い方は、恐いの意味は、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

怖いの正しい使い方は?

怖い 恐い 違い
怖いは常用漢字で、主観的に言う場合に使います。常用漢字ですので、新聞やニュースなどで使用されるように決められていますので、公的には怖いという漢字のみが使用されて、恐いという漢字は使用されません。

従いまして、こわいという意味では、怖いという漢字を使用することが正しい使い方になります。

怖いの意味は?

常用漢字の怖いは、近づくと危害を受けそうで不安であるとか、悪い結果になりそうで避けたいということ、また不気味であるというような意味があります。恐いも同じ意味がありますが、恐いは常用以外の漢字ですので、通常は常用漢字の怖いが使われています。

怖いという字は、りっしんべんと胸打つ様子の意味を持つ布から成り立っていて、おそれおののきびくびくする意味があるので、熟語も畏怖や怖気づくという、心情的な意味合いが強い言葉が多いように思われます。

恐いの正しい使い方は?

恐いは常用漢字以外の漢字で、恐ろしいという意味に近い、客観的に対象となるものの危険性をあらわす時に使います。客観的な恐怖の場合には、恐いという表現を使うのが正しい使い方になると思います。

また、恐という字は、おそれる、こわがるという意味と同時に、つつしむ、かしこまるという謙遜の意味もあり、時代劇などで、恐悦至極にございますと使われたりします。

恐いの意味は?

恐いは、常用漢字ではない為にあまり使われることがありませんが、恐いという意味と同じような意味を持つ形容詞の表現で、恐ろしいという言い方があります。

恐ろしいは、危険を感じるので不安であるという意味や、程度がはなはだしいという意味があり、客観的に強い危険性をあらわす時に使用します。

また、恐の意味が、取り巻く環境や対象によることが大きい熟語として、恐慌や恐縮などの言葉があります。

[閲覧注意]一番こわい心霊写真はこれだな

豆知識

恐いという字と怖いという字の組み合わせである恐怖について考えてみることが、恐れと怖れについて考えることになると思います。

恐怖は、肉体的なものと精神的なものがありますが、いずれも死に結びついているものだと思います。肉体的なものの究極の恐怖は、死についての恐怖だと考えられ、高所からの落下の恐怖や、暴力による刺殺や射殺の恐怖は、いずれも肉体が傷つき死に至ることへの恐怖であると思われます。

また、精神的な恐怖は、視覚的な勘違いでお化けに恐怖を感じる事や、想像力がマイナスに働いた場合に恐怖感が出てくることもあります。

三番目に、知らないこと、未知なるものに対する恐怖ということがあります。肉体や精神の恐怖と同様に、未知なるものに対する恐怖でも、死が最も大きいと思います。

死の際の肉体的精神的な苦しみもさることながら、死後を予測できない恐怖感があります。勿論、自分以外の身内が無くなった時の喪失感、恐怖感も絶大なものがあります。

Sponsored Links

体験談

こわい思いというのは誰にでもあると思いますが、客観的な恐さでは、格闘技で戦うときの恐さがあります。

柔道では絞め技で待ったをするタイミングを逸した時に気を失う恐怖感や、関節技で待ったをする機会を逃した時に筋が伸びたり、骨が折れたりする恐さがあります。また、空手では、強い相手の突きが急所に入った時の衝撃が恐い場合があります。

ビジネスパーソンの怖さは、仕事のプレッシャーなどをきっかけに精神的な病になることで、極端な場合は心因的な病で組織の人員としてカウントされなくなる怖さがあります。

まとめ

違い 怖い 恐い
こわいという表現は、怖いという漢字であらわし、おそろしいという表現は、恐ろしいという漢字を使用してあらわすことが、正しい使い方に近くなると思います。

主観的に怖いという場合も、客観的に恐いという場合も、自分自身で克服することが必要であり、周囲の人が気付いた場合は、早めに克服する手段を見つけることを考えることが重要だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ