足と脚の違いは?聞かれて大丈夫な正しい回答はコレ!

足と脚は、あまり違いがはっきりしない漢字です。

足の正しい使い方は、足の意味は、脚の正しい使い方は、脚の意味は、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

足の正しい使い方は?

足 脚 違い
足を運ぶという使い方や足を奪うという使い方、足が早いという使い方は、歩くことや走ることをあらわしています。また、足を洗うという表現や、足が地につかないという表現もあります。

もっと手足を動かして働きなさいという使い方や、馴染みのホステスの店に足しげく通うという使い方、また、サービスが悪いので客足がすっかり遠のいてしまった、などと足の入った熟語を使います。

足の意味は?

脚の語源は諸説がありますが、身体の汚い部分で悪しき道などと使う「あし」という意味からとする説や、端(はし)から転じたとする説がありますが、正確な語源は未詳のままです。ただ、身体の中で足は重要なものですので、汚い部分という意味や端という意味は適切な語源ではないと感じます。

足は英語ではFootで、動物の身体を支える意味や、歩行をする際に使用する部分という意味、また物の本体を支える部分という意味があります。更にくるぶしから先の部分という意味があります。それで、足はあしの全体ではなく、くるぶしの下から足の裏側までの、「足先」を意味しています。

脚の正しい使い方は?

脚は、同から下の部分をあらわすので、馬脚をあらわすという使い方や脚光を浴びるという使い方、またあの人は健脚だなどと使い、あし全体をあらわす言葉でよく使われます。

物を支える部分ということから、テーブルの脚という使い方や橋の脚の橋脚という表現もあります。また、昆虫に脚が用いられる場合も多くあります。

脚の疲れがすっきり!ふくらはぎと足の裏を刺激し血流

脚の意味は?

脚は英語ではLegと言い、意味は膝から下のあしのことで、「あし全体」を指す場合もあります。他に、ある範囲の下側という意味や、支えとなるもの、物事の根拠の意味もあります。

脚は、物体や構造物などの支えとなる働きをしているものや、人間や動物以外の進行状況や移動状態を意味する場合が多く、脚を使用することが普通なのですが、足を使っても間違いではありません。

豆知識

足と脚の他に、肢という字ですが、身体の枝を意味する生物学や医学で用いられる言葉もあります。

哺乳動物の場合は、人の手にあたる部分を前肢と呼び、足に当たる部分を後肢と呼びます。人の場合に用いる場合には、手を上肢、足を後肢と呼びます。

あしに関する禅の熟語で、「脚下照顧」という言葉があります。脚下は足もとのことで、照顧は反省することやしっかり見ることです。他人の批判をする前に、自分の言動を考えるという自己反省や、身近なことに気を付けるという自戒の意味を持っています。

Sponsored Links

体験談

足は、運動の場合には重要な部分になります。ゴルフでボールを打つ際は、足の裏で地面を掴むようにしてスタンスを取り、土台を安定させないと良いボールは打てないことを実感します。

足が早いということを、ビジネスの引き際が良い意味で使うことがあります。ビジネスチャンスはそう簡単にやってこないので、ひとつの事に執着したい気持ちも分かりますが、ビジネスの場面で引き時を誤ると、経済的にも精神的にもひどいことになることがあります。

運動を続けてきた人が運動を怠ると、脚力は一挙に落ちます。高齢になって、あまり運動をしなくなりましたので、体力が落ちないように毎日の運動をしていますが、脚力につきましては、ボート漕ぎや両手に5kgのダンベルを持ち、スクワットを20回と足の踏み出しを10回は必ず行っています。

まとめ

脚 足 違い
「足」はくるぶしから下のあし裏までの足先の事で、「脚」は膝から下や足全体を意味することの違いがあります。

どちらも身体全体を支える大切な部分ですので、出来るだけ衰えないように鍛錬することと、怪我や病気にならないように気をつけたいものです。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ