薦めると勧めるの違いは?聞かれて大丈夫な正しい回答はコレ!

薦めると勧めるの違いは、熟語から少し理解できます。

薦めるの正しい使い方は、薦めるの意味は、勧めるの正しい使い方は、勧めるの意味は、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

薦めるの正しい使い方は?

薦める 勧める 違い
薦めるの使い方は、偉い人が一般の人に薦めるイメージが少しありますので、目上の人などには使いにくいと思います。

例えば、定評のある良書を読むことを薦めるという使い方や、生徒会長としての立候補を薦めるという使い方、更に味が評判の店で一番の料理を薦めるという使い方をします。

また、品物を薦める、上席に薦める、新製品を薦める、などがあります。熟語として、推薦、などがあります。

薦めるの意味は?

薦めるという意味は、人に役職などになる候補者となることをすすめることや、人や物などの長所を述べることで採用を相手に促すことがあり、他人にものをおすすめするという意味があります。

勧めるの正しい使い方は?

勧めるの使い方は、自分の所属しているクラブに入るように入会を勧めるという使い方や、商品の購入を勧める場合や飲食を勧める時に使います。

勧めるという表現の例としては、席を勧める、読書を勧める、出席を勧める、料理を勧める、保険を勧める、節約を勧める、などの使い方があります。

熟語としては、勧業、勧告、勧進、勧善懲悪などがあります。勧めるには、参加や購入はいかがですかというイメージがありますが、薦めるという表現と比較すると、少し強制的な印象もある表現になります。

Visa Business:会計のプロがビジネスカードを勧める理由

勧めるの意味は?

勧めるという言葉は、相手に物を差し出して、その飲食や利用を促すということや他人が何かを実行するように働きかけて励ますという意味があります。

豆知識

すすめるという言葉には、薦めるや勧めるという表現の他に、奨めるや進めるという表現もあります。

奨めるは、奨励という熟語がありますが、励ますという意味が含まれていて、上司が部下にという場合や先生が生徒にというケースで使用されます。奨励金という言葉にも、励ます意味が含まれています。

他の熟語では、推奨、選奨、奨学、勧奨、などがあります。ただ、奨めるは常用漢字ではありませんので、薦めるという表現や勧めるという表現のように通常使われることはほとんどありません。

進めるは、前進や進行、進捗や進歩などの熟語で明らかなように、会議を進めることや交渉を進めること、作業を進めることや学問や文明を進めるという場合などに使われます。

Sponsored Links

体験談

薦めるということの体験は、会社組織で管理職や役員に推薦された時のことが強く印象に残っています。ビジネスでは、仕事に真剣に取り組み業績を上げることが基本ですが、それらの努力の報酬として昇給や昇格があります。

昇格をするだけの成果をあげていますので当然と言えば当然なのですが、同じようなライバルがいる場合や上司との人間関係がよくない場合もありますので、自分が選ばれて管理職や役員の立場を薦められた時は、自分を認めてくれたことに対する感謝の念と充実感がありました。

勧めるということでは、営業をしていた時の商品の売り込みを思い出します。飛び込みのセールスの場合は、初対面の顧客に商品を勧めるわけですから、非常に難しいシチュエーションになります。あまり強引な勧誘だと相手を怒らせてしまいますし、逆に引っ込み思案でも商品は売れません。相手の心を掴み、いかに商品の良さをアピールして商品を購入する気持ちにさせるかが、セールスの腕になります。

まとめ

勧める 薦める 違い
薦めるという場合は、良いものや目指していた立場などの推薦、推挙という意味があります。何か素晴らしい内容を予感させる言葉です。

勧めるは、何かをするように働きかけるという勧誘の意味合いがある言葉であり、少し強引なイメージがあります。

しかし、多少人に嫌がられても、能動的な活動がなければ状況は進展しませんので、営業などの人に勧める行為も重要なことだと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ