車の運転が怖い!克服する方法はコレ!

2015年11月24日更新済み

車の運転が怖いという人は、克服する方法が考えられます。

車の運転で心掛けると良い事、車の運転が怖い理由、克服する方法は、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

車の運転で心掛けると良い事

車 運転 怖い 克服
車の運転で心掛ける最も重要なことは、安全運転ということです。車は、走る凶器とも呼ばれていますように、金属などの塊が速いスピードで移動する物体ですので、法令通りに普通に走っていても危険な要素が多くあります。

曲がり角から幼児や老人がいきなり飛び出してくることや、駐車する為にバックする時や発車する時に死角になるスペースが出てくることなど、安全に注意すべき点が多くあります。

それほどスピードが出ていない時でも、事故では死傷の危険があるので、安全運転が重要になります。

次に心掛ける事は、物理的に良好な運転環境を整える事です。具体的には、車の整備をきちんと行って走行中に故障が起こらないようにすることです。

また、洗車を定期的に行って、運転する際の視野を広くすることと、きれいにすることにより車を大事にすることです。

きれいにして大事に乗りますと、運転が丁寧になりますし、他人が見る目も違ってくると思います。また、安全運転の為には、夜の運転を出来るだけ回避して明るい間に運転をする方が、視界が広くなりますし、はるかに安全になります。

特に、深夜の高速道路の運転は極端に視界が狭くなり、視神経をはじめとする疲労度が増し危険です。

3番目は、法令をしっかり順守することです。具体的には、一時停止を守ることや、車線の変更禁止を守ることがあります。また、車を運転する場合は、いつでもシートベルトは必ず締めることが必要です。

法令順守は、罰金や点数が減るという事だけでなく、気の緩みを防止するという大きな意味があります。

車の運転・感覚とは

車の運転が怖い理由

車の運転が怖い理由は、車の事故の悲惨な状況を見てしまったことや、自分自身が事故を起こしたことがある場合、また初心者の時に迷惑をかけた経験があることや、ペーパードライバーで、実際に車の運転をした経験が少ない場合など、色々なことが原因となっていると考えられます。

Sponsored Links

体験談

車の運転は、40年以上になります。大きな事故はありませんが、北国で営業を担当していました時に、雪道走行ということで数々の怖い思いを体験しました。雪道は、雪のない道と違いまして、急ブレーキや急発進をするととんでもないことになります。

車が雪で滑って横になることや、ブレーキを踏んでも止まらずに建物や塀などに激突する危険性があります。勿論、対向車が来た場合は、衝突する可能性が大きくなります。雪道が夜になると凍りますので、ますます危険になります。

道に轍が出来まして、車がまともに操作できなくなります。慣れてくると、車の車輪を轍に入れて、微妙な操作をしながら走行できるようになります。

また、山を越える時の走行も恐怖です。長い坂を上っていく場合は、途中で止まったら大変なことになります。坂道発進が困難ですから、最悪の場合一番下までバックで戻ることになります。

まとめ

車 運転 怖い
車は非常に便利なものですが、一瞬の不注意で取り返しのつかないことになります。しかし、あまり怖がって車に乗らないというのはもったいないことです。

安全運転を心掛け、車のメンテナンスをしっかり行い、法令順守に徹すれば、快適な車の利用が出来ると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ