カラオケで裏声の出し方は?コツを極め美声で高評価!

カラオケは楽しいものですが、裏声を出すのは難しい気がします。

カラオケとは、カラオケで裏声が重要な理由、裏声の出し方でコツはあるのかどうか、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

カラオケとは?

カラオケという言葉は、空のオーケストラの略語で、元々は放送業界で使われていた業界用語です。

カラオケは、歌謡曲などを歌う際に伴奏だけを演奏することで、歌が歌えるようにした機械のことや、この機械を使って歌うことをカラオケと言います。カラオケの反対語は生オケと言い、実際のオーケストラの生演奏を指します。

カラオケは、当初はジュークボックスの中に音源を入れて歌う方式や、8トラックの中に楽曲を収録して提供する方式名でしたが、その後レーザーディスクなどを経て、1990年代以降は専用回線による配信による通信カラオケが一般的になっています。

カラオケで裏声が重要な理由

最近は、男性の歌手でも高音で歌う曲が多い傾向があり、その歌が歌いけれども高い声が出ないという状況が多いと思います。そこで裏声を出せることが重要であり、しかも力強い裏声が要求されるのです。

いつまでも、限られた音域で十八番の歌ばかりでは、自分でも飽きてくるということもあります。今までのパターンを変えて、新しい音域の歌に挑戦する意味でも、裏声をマスターすることが重要です。

また、裏声を出すためには、身体をリラックスさせて、腹式呼吸で下腹を前に出す感じで、声を後ろに響かせるというトレーニングが必要になり、全身運動になり健康にも良いという重要な理由があります。

裏声の出し方でコツはあるの?

カラオケの曲の中でも、歌いたいが裏声が出ないので歌えない歌があると思います。裏声というのは、裏返った声の事で、普段は出ない、高い音域の声です。

どうすれば、その高い声が出るかと言えば、全身の力を抜いた状態で、なるべく高温の音を頭のてっぺんから抜けるような感じで出してみることがコツです。裏声は、喉を締めない力強い発声をすれば可能ですので、喉の筋肉を鍛えることが大切です。その為には、毎日少し上を向いて、裏声を出す練習が効果的です。

口を閉じてハミングをすることや、ハミングで高温を出している時に口を開けてみることや、舌を出して声を出してみることなども、裏声を出す練習には効果的です。はじめは鼻歌やハミングで練習しながら、時には大きな声を出してみることも、裏声の練習のコツになります。風呂などで練習を続けているうちに、徐々に裏声が出るようになってくると思います。

頃合いを見計らって、実際にカラオケで試してみれば、裏声を出す練習をする以前よりも、驚くほど裏声が出しやすくなっていることに気づくと思います。

裏声を身に付けるための練習~カラオケ上達法

体験談

カラオケが好きで、友人たちとよくカラオケボックスに行きます。私の場合は、十八番の持ち歌がありますが、色々な曲にも挑戦したいので、あまり馴染みがない曲も唄ってみます。

中には、裏声を使わなければならない歌もありますので、その日の調子によっては裏声が出しにくい場合があります。そんな時でも、アルコールで喉を潤しながら何曲かうたった後で、裏声の曲を歌うとスムースに声が出る経験を何度もしています。

ただ、高い音域に挑むと、大きなエネルギーが要りますので、歌う曲の大半は、自分の音域に合った十八番を中心になります。

裏声の歌を上手に歌いこなすには、苦しい裏声の部分が短い曲で、スローなバラード調の歌ではなく、アップテンポのリズミカルな曲を選ぶことにより、裏声のパーツを一気に歌い過ぎることがコツだと思います。

まとめ

カラオケは、日頃のストレスなどを発散して思う存分楽しむには、最適の場所です。土日祝日を避けた早い時間帯であれば、料金が格安で混雑しない状態で場所を確保することができます。気の置けない友人や知人であれば、日頃鍛えた裏声を試してみる絶好の機会になります。

毎日の発生の訓練により、喉の筋肉が鍛えられれば、想像以上の音域になっていることが確認できて、一味違ったカラオケの楽しみ方が期待できるかもしれません。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ