祝儀袋の書き方は?正しい中袋を書く方法も紹介!

祝儀袋を書くことはよくあります。

儀袋とは、祝儀袋を使う時は、祝儀袋の書き方(中袋を含む)、などにつきまして説明します。

Sponsored Links


祝儀袋とは?
祝儀袋とは、結婚式などの祝いや心づけとして、お金などを入れる紙袋の事です。

祝儀袋には、贈り物を直接手で持つのではなく、中の清らかなお祝いの品を真っ白の紙で包むことにより、清浄なままで贈るという意味が込められています。また祝儀は、お互いに喜び合うという意味もあります。

祝儀袋を使う時は?

祝儀袋は、喜ばしい慶事の時にお祝いの意をあらわす場合や、互助活動などの手間に対する謝礼の意をあらわす場合などに、金品などを包むために使います。

祝儀が贈られる具体的な事例としては、個人に対して、誕生祝いや七五三、正月のお年玉や入学・卒業祝い、成人祝いや就職祝い、結婚祝いや新築祝い、引っ越し祝いや還暦祝いなどがあり、その時に祝儀袋でお祝いを渡します。また、病気が良くなった快気祝いや旅行などの際の選別などもあります。

普請や建築、お祭りなどに対して贈る場合もあり、普請では自社の普請や橋の普請などがあります。建築では、地鎮祭や竣工式があり、祭りでは羽子板市や酉の市があります。

社会的な出来事や景気づけとして行うものは、大入りの場合やのれん分けの場合があります。祝儀の反対は不祝儀と言いますが、長治などのお見舞いやその互助活動に対するお礼になります。

Sponsored Links

祝儀袋の書き方(中袋を含む)

祝儀袋は、水引きという紅白の紐が結ばれています。袋の右上の部分は髪を折り畳んで作った飾りがついており、この部分は本来熨斗(のし)とよばれます。今は、のしがついていることで、のし袋と呼ばれることが多くなっています。慶事用の袋にはのしがついていますが、弔事用の袋にはのしはついておらず、弔事用の熨斗紙にものしはついていません。

祝儀袋の種類は、結婚祝いのように人生で一度きりにしたいお祝いに使う場合は結びきりの袋を使い、出産祝いや長寿祝いなど人生で繰り返しあるお祝いには蝶結びの袋を使います。

祝儀袋の書き方のマナーとして何で書くかですが、正式には毛筆で書くことになります。略式で筆ペンでも良いと思いますが、ボールペンやサインペンは避けた方が無難です。お祝い事などの慶事は、濃い墨で書くことが一般的で、弔事の場合の薄墨とは異なります。

結納金を男性から女性に贈る場合の表書きは、上段に御帯料、帯地料などと書き、下段に新郎本人の氏名か姓を書きます。女性から男性への結納返しは、上段に御袴料、御袴地料などと書き、下段に新婦の氏名か姓を書きます。結婚祝いの場合は、親族や来賓からの新郎新婦への結婚祝いは、上段に寿、祝御結婚などと書き、下段に氏名や姓を書きます。披露宴に招待できなかった人への結婚祝いのお返しは、表書きの上段に、内祝、寿などと書き、下段に新郎新婦の氏名や名前を並べて書きます。

中袋は、人物のある表側と祝儀袋の上包みの表の面を揃えて、中堤の表に金額を「金壱万円」というように縦書きで記入し、裏には住所と名前を記入します。

冠婚葬祭「ご祝儀袋」マナー選び

体験談

最近は、結婚式の簡略化が進み、ひと頃のような派手な結婚式が少なくなりました。その傾向に連動して、ご祝儀を贈る機会も減少しているような気がします。

確かに、ホテルなどが行う結婚式は、費用がかさみますので、新郎新婦はもとより、親の負担が大変ですので、結婚式の簡素化のトレンドは合理的だと思います。

個人的にも、以前は会社関連の慶事で個人的にも会社としてもご祝儀を贈る機会が多くありましたが、めっきり少なくなったような気がします。ただ、家族や親戚の慶事の機会は今後もありますので、依然としてご祝儀相場などを頭に入れておく必要はあります。7

まとめ

結婚式などの色々な慶事でご祝儀を贈る習慣は変わることがありませんので、祝儀袋の選び方や書き方を間違えないようにすることが大切です。

また、不祝儀についても、基本的なマナーをしっかりと身に着けておく必要があります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ