結婚式の余興で感動するネタは?インパクトあるアイデアはコレ!

結婚式の余興は、感動的な内容のものが喜ばれます。

結婚式の余興で感動演出が必要な理由、結婚式の余興で感動するネタを紹介、余興名、感動する理由、などにつきまして説明します。

Sponsored Links

結婚式の余興で感動演出が必要な理由

結婚式は、主役の新郎新婦にとって大きな出来事ですが、新郎新婦の家族にとっても大事なイベントになります。

特に、新郎新婦の両親にとっては、今まで大事に育ててきたわが子の晴れの姿を見ることができる、またとない感激の瞬間になるので、結婚式が非常に重要な儀式になります。余興は、そのような意義深い結婚式を思い出深いものにする大切な演出になりますので、感動的な内容にする必要があります。

結婚式の余興で感動するネタを紹介

ここでは、結婚式の余興で感動するネタを紹介して行きますね!
今回紹介する、結婚式の余興は、実体験から選んでいるので結婚式でも大変評価の高い結婚式の余興です。

余興名:結婚式ソング

感動する理由
結婚式ソングを歌うことは定番ですが、式の雰囲気を盛り上げる事と、新郎や新婦の心情を表現する曲を選んで歌うことで、結婚式の感動が生まれる可能性が高くなります。また、出席者に忘れがたい思い出となることが期待できます。男性の曲としては秦基博の「ひまわりの約束」や、福山雅治の「家族になろうよ」などがあり、女性の曲ではSuperflyの「愛をこめて花束を」や、木村カエラの「Butterfly」などがあります。 

余興名:幼いころからの動画

感動する理由
幼い頃からの動画は、間違いなく感動を呼ぶものになります。事前に撮影したものを式場で上映します。動画は、まず新郎新婦と打ち合わせをした後に、企画の打ち合わせを関係者で行い、作成の骨子を決めます。撮影と編集のスケジュールを決めたら、撮影に入り編集作業をします。結婚式当日は、会場側の担当者との打ち合わせも大事です。

余興名:学生時代の友人からのビデオメッセージ

感動する理由
新郎新婦が花嫁姿や花婿姿を披露したいのが、両親の他には学生時代の友人だと考えられます。その意味では、学生時代の友人からのビデオメッセージが、新郎新婦にとっても嬉しいと思いますし、出席者が見て興味ある余興だと思います。

Sponsored Links

余興名:思い出の寸劇

感動する理由
新郎新婦の今までのライフステージは大まかには分かりますが、具体的な場面は分かりませんので、寸劇で思い出のシーンを再現することは、見る人に感動を与える可能性があります。新郎新婦と入念に打ち合わせてテーマを決めて、学生時代の友人がシリアスな場面を演じることで、出席者の記憶に残る名場面も期待できます。

余興名:新郎と新婦からのメッセージ

感動する理由
結婚式の主役は新郎新婦ですので、主役の口から直接喜びと感謝のメッセージを読み上げることが、大きな感動に繋がります。あまり慣れないスピーチですので、緊張すると思いますので、ある程度は練習して当日に臨むことが大切だと思います。

結婚式 感動 余興 ムービー小さな恋

体験談

結婚式の体験は、自分自身の結婚式をはじめとして、子どもの結婚式の父親としての出席や、学生時代の友人や勤務先の同僚の結婚式の司会、勤務先の部下の結婚式のスピーチなど、豊富な体験があります。

色々な結婚式に出席して印象深い余興は、新郎と新婦の幼いころからの動画や写真です。動画や写真は、見て瞬時に状況が理解できることで、思い出に残る演出だと思いますし、出席者の反応も最も大きく、感動を呼ぶことができると思います。

また、結婚式ソングや演奏は定番ですが、それだけに聴いていて安心感があることと、式が華やかな感じになりますので、欠かせない余興であると思います。

まとめ

結婚式の余興は、式の進行を円滑にするとともに、出席者の記憶に長く残るものです。それだけに、センスのある感動を呼ぶものが望まれます。依頼された時間内で、何時までも思い出に残る余興が、結婚式の印象を素晴らしいものにしてくれると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ