赤ちゃん湿疹の原因は?誰にでも今すぐできる対策も紹介

ミルクを飲ませても、オムツを変えても、なぜか泣き止んでくれない赤ちゃん。服を脱がせて全身を良く見てみると、背中の辺りに赤い湿疹がポツポツとできているのが見つかりました。とりあえず、赤ちゃん用の軟膏を塗って置きましたが、いったいこの湿疹の原因は何なのでしょうか?

今回は、赤ちゃんの湿疹について徹底解明して、その対策法にも目を向けてみましょう。

Sponsored Links

赤ちゃん湿疹の特徴

赤ちゃん 湿疹 特徴
赤ちゃんのお肌に現れる「乳児湿疹」には、いろいろな種類がありますが、ここでは家庭でも対処することができる「あせも」と「おむつかぶれ」について見てみましょう。

あせも 
あせもは、まだ皮膚の抵抗力が弱い赤ちゃんの身体の至る所に発現します。特に脇の下、股関節、太っている赤ちゃんの場合は手首や膝の裏などにもできる場合があります。汗をかいたままにしておくとそこに赤いポツポツができ始めます。そのままにしておくと、あせもの数も範囲も広がってしまい、ひどい場合はあせもが重なってきて、ただれた状態になる「あせもより」になることもあります。

おむつかぶれ
最近販売されている紙おむつは、以前のものに比べて通気性が良くなっているので、おむつかぶれを発症することは少なくなっていますが、紙おむつの性能を過信して長時間つけたままにしていたりすると、すぐに赤ちゃんの肌はおむつかぶれを起こしてしまいます。おむつに触れるお尻の辺りから股間にかけてでき、男の子では睾丸の下にも赤いポツポツができてしまいます。

赤ちゃん湿疹の原因は?

赤ちゃんに湿疹ができてしまういちばん大きな原因は、皮膚に汚れが溜まって、そこに細菌が繁殖して炎症を起こしてしまうことです。

実は汗の出る汗腺は、生まれたばかりの赤ちゃんでも大人と同じ数だけあります。ということは、赤ちゃんの汗腺は大人の数倍の密度で皮膚上に存在していることになります。さらには、赤ちゃんは大人の何倍ものスピードで新陳代謝を行っています。

ということは結果的に、赤ちゃん非常に汗かきで、それも大人のスピードとは比べられないほどの早さで汗をかいているということになり、少しでも油断していると乳児湿疹を発症してしまうことになるのです。

Sponsored Links

対策

そのため、あせもやおむつかぶれなどの乳児湿疹を作らないための対策は次のようになります。

通気性の良い衣類を着せる
新陳代謝が盛んな赤ちゃんですが、汗をかくたびに衣類を着替えさせる訳にはいきません。ですから、綿や麻、シルクなどの通気性の良い繊維で作られた衣類を着せるようにしましょう。赤ちゃんは体温が高いので、大人が着ている枚数よりも一枚少なめでも大丈夫です。ちょっと薄着の感覚で着せてみましょう。

こまめに汗を拭き取る
首や手首、足のくびれの部分にはいつの間にか汗が溜まってしまい、気がつかないうちに湿疹ができていることがあります。くびれがあって、汗が溜まりやすい部分は他の部分よりもマメに汗を拭き取るようにしましょう。

スキンケアに気をつける
あせもやおむつかぶれの湿疹が出てしまうと、赤ちゃんは痒みで不機嫌になりますし、お母さんは愚図る赤ちゃんに悩まされてしまいます。ですから、できれば湿疹を作らないことが大切です。そのためには、お肌を清潔に保つことがいちばんです。お風呂タイムではベビー石鹸を十分に泡立てて、手を使って赤ちゃんの身体を洗います。指で赤ちゃんの身体の隅々にまで丁寧に洗い、すすぎも十分に行います。湯上がりには、お肌の乾燥を防ぐためにベビーオイルやベビークリームを付けましょう。でも、つけすぎは禁物です。薄く塗っていきましょう。市販の医薬品を使ってももちろん問題はないですが、私は「桃の葉ローション」を使っていました。これを使い出してから、我が子の湿疹が劇的に減ったのを覚えています。ただ我が子が赤ちゃんだったのは、20数年前でしたので今ではもっと良い商品が販売されていると思います。ご自分の赤ちゃんに合ったものを探し出してください。

まとめ

特徴 赤ちゃん 湿疹
我が家の子供たちはどの子も太り気味で、そのため太ももや手首などお肉がボンレスハムのようにくびれている部分に、よく赤い湿疹ができていました。

また紙おむつも、最近の商品のように通気性が優れておらず、昼間は布おむつを使っていましたので、油断するとお尻をすぐに真っ赤にさせてしまっていました。思い返せばずいぶんと可哀想なことをしていましたが、「対策」の箇所でも紹介したように、「桃の葉ローション」をおむつ替えの時や入浴後や着替えの時に使ったところ、湿疹ができにくくなりましたし、たとえできても夜に塗っておくと一晩で嘘のようにきれいに治ったものです。

まだ自分の意志を言葉で表現できない赤ちゃんですので、赤ちゃんの様子からいち早く湿疹ができた場所を見つけだして、治療してあげましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ