小学生の平均身長と体重は?男女別で1年生~6年生まで紹介

小学生の身長と体重の推移を知ることは、子どもの成長を確認するために重要です。

小学生の平均身長と体重を知る重要性は、小学生の平均身長と体重は、1年生~6年生まで男女別の身長と体重、などの紹介をします。

Sponsored Links

小学生の平均身長と体重を知る重要性は?

小学生 平均身長 体重
小学生の平均身長と体重を知ることは、子どもの成長を小学生全体の中で確認することができますので大切です。子供は、幼児期の身長や体重の伸びが大きく、小学生のころから成長の度合いが緩やかになってきます。

その後の思春期に身長の伸びが最も著しくなり、10代の後半で最終的な身長になります。

小学生の時期は、思春期を早く迎える子どもと思春期が遅い子供で身長に差が出てきますが、あまりにも身長が伸びない場合は、低身長の病気が関係していることも考えられますので、毎年身長と体重を確認することで、成長に問題がないかどうかをチェックすることが大切です。

小学生の平均身長と体重は?

小学生の平均身長と体重は、2013年の厚労省のデータを参考にして知ることができます。身長は男子が6歳から11歳までが約116cmから約145cmで、女子が約115cmから約146cmです。体重は、男子が6歳の約21kgから11歳の約38kgで、女子が約21kgから約39kgです。

男子は女子に比べて思春期が遅いので、身長が伸びる時期も遅くなります。女子が10歳から12歳にかけて成長ホルモンが多く背が伸びるのに対して、男子は12歳から15歳の中学生にかけての時期に、身長が伸びていきます。

現在の身長と体重は、40年ほどの昔と比べると、身長が2~3cmほど伸びており、体重も2~3kgほど増えています。

1年生~6年生まで男女別で紹介

小学1年生の年齢は6歳になり、6年生が11歳になります。

男性は、6歳の身長が約116cmで体重が約21kgです。以降は、7歳は122cmで23kg、8歳は128cmで27kg、9歳は約133cmで30kg、10歳は139cmで34kg、そして11歳では、145cmで38kgになります。男子は、1年で身長は約6cm、体重は約4kg増えています。

女性は、6歳の身長が約115cmで体重が約20kgです。7歳は121cmで23kg、8歳は127cmで26kg、9歳は約133cmで30kg、10歳は140cmで34kg、そして11歳は146cmで39kgになります。女子は、1年で身長は約6cm伸びて、体重は3~4kgほど増えています。

Sponsored Links

体験談

身長と体重は、自分自身の体験から考えますと、年齢と食べ物などの生活習慣、そして運動などと深くかかわっていると思います。

私の小学生時代は、食べるものに困るような状況にはありませんでしたので、順調に身長が伸び、体重が増えていったように記憶しています。

小学生の途中で東京に転向するまでは、地方の生活でしたので、山や川で遊んだことと、野球部に所属していましたので、運動量は十分だったと思います。東京に転向して感じたのですが、東京は地方に比べますと学校の校庭や体育館しか運動の場所がないので、山や川で遊ぶ醍醐味が味わえず、無味乾燥に感じたことを思い出します。

山や川の場合は、熱中してしまうほど楽しいので、遊びに没頭している間に体幹が鍛えられて、身長や体重にあらわれる数字以上の身体の逞しさが身に付くと思います。

ソフトボール 小学生ピッチャー 成長記録

まとめ

小学生の身長と体重は、子どもの成長のバロメーターになりますので、推移を注意深く観察しながら見守っていく必要があります。

日本人の食生活や住環境の変化とともに、平均の身長などが伸びている割には体幹が弱いという傾向や、肥満の問題も見受けられます。

身長の伸びや体重の増加に留意するとともに、偏りのないバランスの良い食事を摂ることや、適度な運動をさせること、充分な睡眠をとるような習慣をつけさせることなどで、実践的な体力を強くしていくことにも気を配ることが必要だと思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ