腰痛の原因で内臓は関係あるの?理由を知り辛い痛みを解消!

腰痛は、日本人に多い病気です。

腰痛の原因は、内臓が原因で腰痛になるのかどうか、痛い時の対処法、などの説明をします。

Sponsored Links

腰痛の原因は?

腰痛 原因 内臓
腰椎は、原因が特定されるものも15%ほどあると言われておりまして、腰椎を直接障害するものとして、圧迫骨折や椎間板ヘルニアなど腰椎に異常が生じているものや、骨への細菌感染やがんの骨転移などの命にかかわるものがあります。

また、腰椎を傷害するものではないが臓器や血管などの病気で引き起こされる腰痛などがあります。

しかし、大半の85%くらいはレントゲン検査などでも原因が特定できない場合が多いと言われています。原因は、生活習慣やストレス、不安や不眠などの心の状態や、神経の障害が影響して痛みが生じているのではないかと類推されます。

内臓が原因で腰痛になるの?

腰痛の原因が姿勢や筋肉の場合は、横になることなどで腰痛が和らげられることがありますが、内臓疾患が腰痛の原因の場合は、姿勢を変えても腰痛が楽になることはありません。

腰痛の原因となる内臓疾患は、泌尿器系は腎臓・尿路結石、膀胱炎、腎盂炎などがあり、消化器系は、胃潰瘍、胆石、胆のう・胆管炎など、循環器系は、腹部大動脈解難、閉そく性動脈硬化症などがあります。

また、女性に特有の子宮筋腫や子宮・卵巣がんなどがあり、一般的な風邪やインフルエンザも腰痛の原因となる内臓疾患に含まれます。

これらの内臓疾患による腰痛の場合は、早期に病院で診察を受けることが必要となります。

Sponsored Links

痛い時の対処法

腰痛で痛みがひどい時には、安静にしていることが大切です。安静にしていれば、時間とともに楽になってきます。膝と腰を曲げて横になると、腰痛が軽減してきます。

外出している時に痛み出したら、近くのベンチなどに腰を掛けて、動くことをやめます。痛みが落ち着いて来たら、ゆっくり移動するようにします。

急性の痛みの場合で患部が炎症を起こしている場合は、冷やしたタオルや湿布薬などで患部を冷やすことと、しばらく安静にすることで症状が軽くなるケースが多いようです。

急性の痛みの対応が分からない場合は、病院で対処してもらうことが無難です。

その場で腰痛が無くなる。完全公開

体験談

今まで色々な格闘技を行ってきたことも関係があるのかもしれませんが、20代の後半くらいから腰痛が起こるようになりました。

人によって対処療法が異なるようですが、私の場合は、鍼が最も効果的な治療法のようです。病院で診察した時には、椎間軟骨ヘルニアという病名を告げられました。背骨の椎間軟骨を支える筋肉が弱っていると起こると言われましたので、腹筋を行うことで腰痛が起こらないようにしてきました。

現在も、毎日100回の腹筋をほとんど欠かさず行っており、そのせいもあってか、年々腰痛が起こる回数が減り、起こっても軽い痛みで治ってしまうようになりました。

以前は、回復して痛みがなくなるまでに1週間以上はかかりましたが、今は3日位で痛みがなくなります。これからも、背骨を支える筋肉を鍛えることで、腰痛を防止していきたいと考えております。

まとめ

内臓 腰痛 原因
腰痛は、姿勢や筋肉が原因で起こる場合と、内臓の疾患で起こる場合があります。姿勢や筋肉が原因の場合は、静養や筋肉を鍛えることが腰痛発生の防止策として考えられますので、毎日の無理のない運動による訓練が効果的だと思います。

内臓の疾患の場合は、個人の判断で処方するのはリスクがありますので、病院などで専門医の診察を受けた方が適切な治療が期待できます。

腰痛は、仕事での体勢や家にいる時の姿勢、身体の使い方、睡眠時間、食事などの生活の習慣と深くかかわっていますので、腰痛を防止する意識で生活することが大切です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ