赤ちゃんがロタウイルスに感染した場合の症状は?

6カ月になる息子が何だか今朝からご機嫌ななめ。ミルクもあんまり飲んでくれないし、もちろん寝てもくれません。と、そのうちにグズグズがひどくなったので、オムツを開けてみると真っ白な水下痢!

とうとう恐れていたことが、現実となってしまいました。実は、上のお兄ちゃんが1週間ほど前に幼稚園からロタウィルスをもらってきて、やっと具合が良くなってきたばかり。赤ちゃんにうつさないようにしていたのに、どうやらうつってしまったようです。

今回は、赤ちゃんがロタウィルスに感染した時のリスクや予防策について検証してみましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんが感染した場合の危険は?

赤ちゃん ロタウイルス 感染 症状
赤てゃんが罹る感染症にはさまざまなものがありますが、その中でも下痢とおう吐を伴う「細菌性胃腸炎」は、気を付けていないと重篤な状態に陥ってしまうこともありますので、保護者が赤ちゃんの様子に気を配ることが非常に大切になります。

赤ちゃんがロタウィルスに感染した場合の危険性についてあげてみましょう。

脱水症状
大人に比べて身体に含まれている水分量が多い赤ちゃんは、ちょっとした水分の排出により体調が悪化します。特に、下痢とおう吐を伴う細菌性胃腸炎の場合は、吸収する水分量に比べて出ていく水分量が多くなるので、そのまま放置すると意識が混濁したり、重度の場合は、脱水によって血液がドロドロになり脳梗塞を起こしたりします。赤ちゃんの下痢やおう吐がひどく、ぐったりしてきたら早急に病院に連れて行きましょう。

脳炎・脳症
ロタウィルスが胃腸で繁殖すると胃腸炎を起こしますが、それが血液の中に入って全身を流れ、脳内に侵入して繁殖すると脳炎や脳症を発症してしまうことがあります。そのような状態にならないためにも、軽い段階でロタウィルスを撃退する必要があります。

熱性けいれん
下痢やおう吐が続くと体力が落ちてきて、そのために発熱することもあります。赤ちゃんは高熱を発しやすく、その状態が長く続くと熱性けいれんを起こしてしまうこともあります。熱のため引きつけてしまうことも怖いですが、その後てんかんの症状を発してしまうと一生続く病気になってしまうので、熱が出始めたら早めの対処が必要になります。

赤ちゃんがロタウイルスに感染した場合の症状は?

まだ言葉が話せない赤ちゃんの具合が悪いかどうかを判断するのは、ひとえに保護者の観察眼に頼るところが多くなりますので、日頃から赤ちゃんの様子を観察しておく必要があります。そして「何となく、今日の様子は変だなぁ~」という直感を大切にして、迅速に動くことが肝心です。と言っても、直感ばかりに頼ってもいられないので、いくつか具体的な症状をあげてみましょう。

機嫌は悪くないか?
赤ちゃんの健康状態を図るいちばんの目安は、機嫌の良し悪しです。「細菌性胃腸炎」を発症している場合は、腹痛も起こしていることもあります。赤ちゃんがグズグズとぐずっている場合は、何か具合の悪い所があるはずです。

食欲はあるか?
お腹の調子が悪いと、やはり食欲も落ちてきます。なかなかミルクや母乳を飲まなかったり、飲んでもすぐに吐き戻してしまうことが多い場合には、病気を疑いましょう。

下痢をしていないか?
細菌性胃腸炎が発症すると、下痢の症状が出てきます。特にロタウィルス感染の場合は、白っぽい米のとぎ汁のような水下痢をするようになりますので、これが決め手になります。

何も食べさせていないのに吐いていないか?
赤ちゃんにミルクや母乳を飲ませた後にすぐ寝かせると、ミルクなどを少し吐き戻してしまうことがありますが、飲ませた直後でもないのに吐いてしまう場合は、細菌性胃腸炎によるおう吐を疑いましょう。特に、一度に大量に吐いてしまった場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

Sponsored Links

予防方法は?

ロタウィルスは接触感染によりうつりますので、まずは細菌に触れさせないことが第一条件です。ですが赤ちゃん自身は外を出歩くことも少ないので、他の家族が外部からロタウィルスを家庭内に持ち込まないように気を付けましょう。

そのためには、他の家族が外から帰ってきたら、赤ちゃんに触れる前に手洗い・うがいをしっかりと済ませましょう。

またもし家族内にロタウィルスに感染した人がいたら、その人から赤ちゃんをしっかりと隔離し、感染者の衣類や触れた箇所などをしっかりと消毒しましょう。

さらに、2011年から任意ではありますが、ロタウィルスの予防接種も行われています。接種することによって全く感染しないという訳ではありませんが、重篤な状態に陥ることが少なくなるので積極的な接種をお勧めします。

まとめ

 症状 赤ちゃん ロタウイルス 感染
まだ物言えぬ赤ちゃんが、ぐったりとしている様子を見るのは、ツラいものがありますね。いつも機嫌の良い赤ちゃんでいてもらうには、保護者の細かい観察が絶対必要になります。

赤ちゃんはせっかく授かった「宝子」ですので、注意深い観察でしっかりと赤ちゃんの健康に気を配っていきましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ