小学生の習い事ランキング!将来に役立つお稽古はコレ!

最近は、ほとんどの小学生が習い事をしているようです。

小学生習い事の選び方、小学生の習い事ランキング、などにつきまして紹介をします。

Sponsored Links

小学生習い事の選び方

小学生 習い事 ランキング
小学生の低学年では、家庭学習とスポーツ活動の習い事をする割合が最も高いのに対して、小学生の高学年になると、家庭学習とスポーツに加えて塾に通う割合が一番高くなります。

習い事には、芸術活動もありますが、比率はそれほど高くないようです。小学生の習い事を選ぶ際に大切なことは、子供にとっての学ぶ場はあくまでも学校が中心であるということです。

学校での、知識や社会性などの教育を主体に考えたうえで、それにプラスする意味での習い事をさせてあげることが大事だと思われます。

また、習い事を始める時は、子どもの気持ちを確認して、子供が本当に興味を持ち続けていく意欲がある習い事を選択する必要があります。

周囲が習い事をしているので、つられて習い事をするのではなく、自分は何を習いたいのかをあらかじめ考えさせ決定することが大切だと思われます。

時間とお金に余裕があっても、あまり多くの習い事をするのではなく、小学生の習い事として平均的な二つくらいに絞って習い事をすることが、長続きすると考えられます。

1つだけですと、途中でその習い事で挫折してしまった時に逃げ場が無くなってしまいますので、ひとつがとん挫をしてもう一つがあるという、二つくらいが良いと思われます。

小学生の習い事ランキング!

ここでは、小学生の習い事で親として習わせたい理由などを交えたランキング上位の習い事を紹介して行きます。

習い事名:水泳

習わせたい理由
水泳は、水の中で行う全身運動ですので、関節や骨に負担をかけませんので、育ち盛りの小学生には格好のスポーツです。左右対称の動きをするので筋力のバランスが良くなり、心肺機能が強化される効果も期待できます。

習い事名:塾

習わせたい理由
塾の目的は、小学生としての学校で行う学力の向上と、中学受験に備えるという二つが考えられます。塾に通うか通わないかで、学力に大きな差が出ます。ただ、親の意向で子供に塾通いを強制すると、長続きしない場合も考えられますので、子どもの気持ちを十分に斟酌することが大事です。

習い事名:英会話

習わせたい理由
世の中が、世界的なグローバル化の影響で、英語や英会話を必要とするようになってきており、幼少のころから英語に親しむことで、英語圏の考え方や習慣を知ることは大切なことです。しかし、小学生の頃の英語が実際のビジネス等の場面で有用かどうかは疑問な点があります。

Sponsored Links

習い事名:ピアノ

習わせたい理由
ピアノは、芸術部門では一番人気のある習い事です。右手と左手を動かすことで、脳にも良い作用があると言われています。また、長じてからも、子供に教えることができる技術が身に付くことなどで、人気があります。

習い事名:習字

習わせたい理由
習字は、字がきれいになることの他に、姿勢が良くなることや、言葉遣いが正しくなることなど、礼儀作法が身に付くことが評価されています。それで、習っている本人よりも、保護者に人気がある傾向もあります。

[プログラミング]小学生の習い事として人気!

体験談

昭和の20年代は、小学生が習い事をすることは稀なことでした。しかも、私の場合は5年生までが地方でしたので、習い事などには全く無縁の環境でした。

お陰様で、山や川で思う存分遊ぶことができました。遊ぶことが、スポーツ教室に通うよりもはるかに楽しいですし、身体を鍛えることになったと今でも思います。

東京に転向してからは、環境が変わり、少し状況も変わりましたが、基本的には習い事は一般的ではなく、習い事をしないままに公立中学に入学しました。

時代的な背景により違いがあると思いますが、私の場合は習い事をしなかったことでのデメリットは、特にないと思います。

まとめ

ランキング 小学生 習い事
小学生の習い事は、複数が当たり前の状況になっています。

少子化が進んで、子供に対する期待が大きくなっていると思いますが、子ども自身の自主性も尊重して、出来るだけ希望する習い事をさせるような配慮が、保護者には求められると思います。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ