光化学スモッグ注意報発令!原因と症状は?対策を解説!

私が住んでいる神奈川県にて
今年初の光化学スモッグ注意報発令が、
昨日発令されました。

光化学スモッグは、暑い時期に
発令される事が多いですが、私自身は、
危険との認識がありますが、知識が、
全くない状況です。

夏場の暑い時期子供と遊びに行く際に子供を
守る意味でも最低限の知識
が必要です。

光化学スモッグの原因と症状そして対策を
徹底的に調べて行きます。

Sponsored Links

光化学スモッグとは?

光化学スモッグ注意報発令

光化学スモッグを簡単に説明すると
汚染物質
の事を言います。

私の光化学スモッグイメージは、
注意報発令が発令されると部活が、
中止になる事を想像します。

私は、中学時代野球部に入っておりました。
夏の暑い時期は、1年生の頃は、本当に
辛い思い出しかありません。

その辛い練習が、休みになるので
光化学スモッグ注意報が発令する事が、
本当に嬉しかったのを今でも覚えております。

中学時代嬉しかった光化学スモッグも
調べて行くと子供に対しては、本当に恐く
危険な注意報
だと理解する事ができます。

光化学スモッグの原因

光化学スモッの原因は、
工場や自動車等からの大気中に
排出されてしまう排気ガスにあります。

その排気ガスに含まれる窒素酸化物や
炭化水素(揮発性有機化合物)
が、日差しに
含まれる紫外線によって光化学反応を起こし
変質してオゾンなどが発生する事が原因です。

昨日のように日差しが強く気温が上がり更に
風が弱い等の気象条件が、重なると発生確率が、
高くなります。

発生する時は?

・ 最高気温が、25℃以上
・ 日中、2.5時間以上の日照りがある
・ 夏型の気圧配置


主にこの3点が重なった時に起きます。
昨日も上記3つに全て当てはまっておりました。

夏場の暑い時期に子供と遊びに行く時には、
事前に天気予報を見る事によりある程度の
対策ができます。

症状は?

・ 目がチカチカする・目が痛い・涙が出る
・ のどが痛い・咳が出る・息苦しい
・ 吐き気がする・頭痛がする

こんな症状が出ます。
暑い時でこんな症状が出た時は、
速やかに室内に入る事が、重要です。

注意報が発令の対処法

・ 子供と屋外で遊んでいる場合は、屋内に入る。
・ 屋内でも風の向きを考え、窓を閉めエアコンを使う
・ 目が痛い場合は、目を洗う
・ 喉が痛い場合は、うがいをする

目や喉が痛い場合は、上記処置後は安静にする事が、
重要になります。症状が良くならない場合や更に
ひどくなってしまった場合は、病院に行き医師に
診察
してもらう事が重要です。

Sponsored Links

最後に

光化学スモッグまとめ

昨日横浜市に光化学スモッグ注意報が、
発令された13時20分頃は、長女と公園で
遊んでおりました。

特に異常もなく普通に遊んでいたので
全く気にしておりませんでした。

夕方のニュースで
横浜市に光化学スモッグ注意報
が、
発令された事を知りました。

熱中症対策で水筒で水分補給や日陰を
上手に使う事は、しておりましたが、
光化学スモッグに対しては、全く注意を
しておりませんでした。

今後は、光化学スモッグ対策もしっかりと
やって行き子供を安全に遊ばせたいと思いました。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ