胡麻麦茶の効能と効果は?副作用まで理解して正しい飲み方!

胡麻麦茶は、身体に良いイメージがあります。

胡麻麦茶とは、効能は、効果は、副作用はあるのか、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

胡麻麦茶とは?

胡麻麦茶 効能 効果
胡麻麦茶は、血圧に効果がある胡麻ペプチドを含んでおりますので、血圧が高めの人などに適した飲み物です。

また、胡麻麦茶は胡麻ペプチドの高めの血圧に対する効果が認められて、消費者庁の特定保健用食品に認定されている商品がありますので、その商品であればペプチド効果が期待できます。

胡麻麦茶は、身体に良いだけでなく美味しさにもこだわって作られていますので、飽きのこない味わいがあり、どんな料理にも合います。

効能は?

胡麻麦茶に含まれる胡麻ペプチドは、血管を収縮させる物質をつくる働きの酵素を抑えるなどの作用があり血圧に良いので、胡麻麦茶を毎日飲み続けることが体に良いと考えられます。

血管を収縮させる酵素は、アンジオテンシン変換酵素(ACE)と言いますが、この酵素を抑制する働きがあるのが胡麻麦茶に含まれる胡麻ペプチドなのです。

胡麻プチペドは、血圧低下の効果が非常に高い成分と言われ、降圧薬に並ぶほどと言われています。

胡麻そのものに多くのたんぱく質と資質やカルシウムが含まれているのですが、吸収しにくいのが難点と言われています。

そこで、胡麻のたんぱく質を分解することによりつくられる胡麻ペプチドであれば、栄養素が体に吸収されやすくおすすめなのです。胡麻ペプチドを摂取するには、トクホの胡麻麦茶やサプリメントなどが有効になってきます。

胡麻そのものにもオレイン酸などの優れた油分が含まれており、善玉コレステロールのみを排除し、血管がきれいになることで、高血圧の解消にもつながると考えられます。

サントリー胡麻麦茶「杉田玄白」篇

効果は?

胡麻麦茶にも色々種類がありますので、効果があるかどうかは検証する必要があります。検証のポイントとなるのは、特定保健用食品であるかどうかということです。

特定保健用食品は、科学的なデータに基づいて効果が証明されており、消費者庁が認めた商品ですので、効果が保証された商品です。

特定保健用食品でない商品は、効果が保証されていませんので、効果が実感できない可能性があります。効果を得るためには、まず特定保健用食品であることを確認することが必要です。

また、胡麻麦茶の効果を得るために一日どの位飲めば良いのかですが、1日1本程度の350mlを目安に飲めば良く、多くても3本くらいまでにしておくと問題が無いようです。

飲み続ける期間は、最低でも4週間以上は続けることが必要であり、4週間以上続けることにより徐々に血圧が下がってくることが期待できますので、持続することが大切なことです。

副作用は?

胡麻麦茶は、血圧を下げるというよりも、血圧を安定させる飲み物ですので、通常の血圧の人の血圧が下がり過ぎて危険になることはなく、胡麻麦茶の副作用はほとんどありません。

胡麻麦茶は、薬ではないのですが血圧を下げる効果が期待できるトクホの飲み物になりますので、血圧を下げる効果が期待できる健康に良いお茶だと言えます。

ただ、どんな食べ物でも飲み物でも、限度を超えて摂取することは危険であると言えます。必要な栄養源が確保できた場合は、限界を超えて必要以上に血圧降下を取る必要はありません。

Sponsored Links

体験談

健康診断で少し血圧が高めだったこともあり、それまで夏場などにコーラなどを大量に飲んでおりましたが、身体に良いとされる麦茶とスポーツドリンクに変えました。

コーラなどを飲んでも体調が悪いということはなかったのですが、コーラなどはカフェインの含有量が多いというので、今後の身体の事を考えて、カフェインを含まない麦茶とスポーツドリンクに変えました。

麦茶はすっきりした味で身体に良さそうですし、スポーツドリンクは少し甘く糖分を感じますが、疲れた時などは甘い飲み物も欲しくなりますので、特に疲れた時に飲みます。ほぼ半々で、麦茶とスポーツドリンクを飲んでいます。

まとめ

効果 胡麻麦茶 効能
胡麻麦茶は、血圧を安定させますので、毎日飲みたい飲み物です。副作用もほとんどありませんので、夏場の喉の渇いた時だけでなく、毎日飲み続けることが良いと考えられます。

胡麻麦茶の中でも消費者庁により効果が確認されている特定保健用食品を選んで飲むことが、効果的だと考えられます。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ