アレルギー性紫斑病の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

アレルギー性紫斑病は、子どもの病気というイメージがあります。

アレルギー性紫斑病とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

アレルギー性紫斑病とは?

アレルギー性紫斑病 初期症状 原因
アレルギー性紫斑病は、この病気を発見した二人の医師の名前を冠して、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも呼ばれる小さな血管に炎症が起こる病気です。

この炎症は、皮膚や腸管、腎臓の小血管などに起こり、炎症血管から血液が皮膚へ漏れ出すために、紫斑という点状の出血班が見られます。

5歳から15歳の小児に起こる全身性の血管炎の中では最も多い病気で、アレルギー性紫斑病患者の約半分は5歳から15歳の子どもと言われています。

大人になってアレルギー性紫斑を発症する人もおりますが、大人になれば完治までに時間がかかりますので、注意が必要です。

初期症状は?

初期症状は、小さな丘疹か赤い斑点、赤い隆起で始まり、次第に青や紫に変わっていきます。この症状は、毛細血管に炎症が起こり、血管が脆くなって血液が漏れることから起こります。

紫斑や浮腫が腎臓に及び、血管に炎症が起こると血尿や蛋白尿が出る症状になります。皮膚症状の紫斑は下肢に多く現れ、天井出血の症状になりますが、他には関節の腫れや痛み、腰痛や嘔吐、下痢、下血、吐血という症状もあり、腎炎などの合併症を起こすこともあります。

アレルギー性紫斑は、下肢の足関節周囲を中心に両側に症状が出ることが多いのですが、時には上肢、顔面、体幹などに症状があらわれることがあります。また、靴下や下着の締め付けている部分に強く出ることがあります。

Sponsored Links

原因は?

原因は不明ですが、発症する前に風邪などの症状があることが多く、種々のウイルス感染症や細菌感染症が引き金になっていると考えられています。

また、薬剤や食物、昆虫などとの関連が言われることもあります。主に関節や手足に流れる血管が脆くなり血管から血液が漏れてしまうほどのダメージを受けてしまうアレルギー疾患です。

治療方法は?

アレルギー性紫斑病は治療の必要が無いとも言われ、現在あらわれている症状を緩和する治療法が主なものになります。

紫斑だけの症状の場合は様子を見るだけでいいのですが、腎炎の発症の可能性もあるので、定期的な尿検査をして血尿やタンパク成分が出ていないかどうかを確認する必要があります。

アレルギー性紫斑病の治療法は、抗生物質を使用します。止血剤や抗アレルギー薬である内服薬での治療や、炎症を抑えるステロイドを使用した治療もあります。

炎症が強い場合は、入院治療が必要な場合もあります。関節痛や腹痛の場合はステロイド注射を行う場合もあり、凝固因子という体内のたんぱく質が低くなっている場合は、凝固因子を補充する治療法が行われる場合もあります。

アレルギー性紫斑病に数多くの回復実績!

予防するには?

アレルギー性紫斑病の予防方法は確立されていません。紫斑や関節痛、腹痛などの症状が出たら病院で検査をして、アレルギー性紫斑病であれば症状を緩和する治療を受けることや、症状の段階に応じた治療を行うことが必要です。

体験談

自分自身の体験はありませんが、子どもに紫斑が出て対応したことがあります。ただ、対応すると言っても、病院に連れて行って、受診をして様子を見ることが主なことでした。

紫斑という症状は、少し気味が悪いものですが、それほど悪性でなかったらしくすぐに治ったので、あまり記憶に残っていません。

まとめ

原因 アレルギー性紫斑病 初期症状
アレルギー性紫斑病は、患者が5歳から15歳までの子どもが半数ぐらいということで、一過性の病気と言えます。経過を注意深く見ながら時を待てば、自然に治っていく病気だと思います。

ただ、こじらせると、関節の腫れや痛み、腰痛や嘔吐、下痢、下血、吐血という症状になることもあり、生活に支障が出ることも考えられます。また恐いのは、腎炎などの合併症を起こすことであり、そのようにならないような注意は必要です。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ