アレルギー性鼻炎の初期症状と原因は?正しい知識で健康な体を守る!

アレルギー性鼻炎は、よく聞く病気です。

アレルギー性鼻炎とは、初期症状は、原因は、治療方法は、予防するには、などにつきまして紹介します。

Sponsored Links

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応によって起こる鼻の粘膜の炎症で、抗原となるハウスダストやスギ花粉などと抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどを起こすことを言います。

アレルギー反応で起こる病気は、他に気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などがあり、これらが同時に起こることもあります。

アレルギー性鼻炎/2分で分かる医療

初期症状は?

アレルギー性鼻炎の症状は、原因となる抗原により異なります。近年最も多いのが、ハウスダストとスギ花粉によるアレルギー性鼻炎です。

ハウスダストの症状は、年中くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが続き、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。鼻詰まりが強い場合や、くしゃみや鼻水が強い場合があります。ハウスダストのアレルギー性鼻炎の患者は、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎を併せ持っている場合があります。

スギ花粉症は、毎年スギの花粉が飛ぶ2月から4月にかけて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを起こし、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。

花の症状以外には、目のかゆみもあり、アレルギー性結膜炎を併せ持つ患者もいます。スギ花粉が飛ばない時期には鼻の症状はありません。

原因は?

原因は色々あります。ダニなどのハウスダストやスギやヒノキの花粉、ブタクサやヨモギ花粉やカビ、ペットの毛などが原因の抗原となる物質です。

これらの抗原が鼻の中に入り、鼻の粘膜にある抗体とアレルギー反応を起こします。抗体はアトピー体質のある人の体内でつくられ、鼻の粘膜で肥満細胞と結びつきます。

アトピー体質の人が各種の抗原を吸うと、抗原抗体反応が班の粘膜で起こり、肥満細胞からヒスタミンなどの物質が放出されます。

この放出されたヒスタミンなどの物質が鼻の粘膜を刺激して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを引き起こします。スギ花粉症もアレルギー性鼻炎に属しますが、大気汚染や食生活の変化でアレルギー性鼻炎は増えている傾向にあります。

Sponsored Links

治療方法は?

アレルギー性鼻炎を防ぐには、抗原が鼻の中に入らないようにすることが最も有効です。ダニなどのハウスダストは、ふとん、じゅうたん、畳に多いので、掃除機などで丹念に取り除くことで、鼻の症状がある程度は改善されます。

また、スギ花粉は、スギ花粉が飛散しないところに住めば症状が出なくなります。しかし、掃除には限界がありますし、スギ花粉が飛ばないところに住むことも困難です。従って、現在は体質改善の治療と抗アレルギー薬で症状を抑える治療が主に行われています。

花粉症では、花粉が飛散する前から薬物を投与し、症状が出ることを遅れさせ、症状を軽くする初期の療法が行われています。

症状を抑える抗アレルギー薬による治療とは別に、抗原からの抽出物を少量から投与する、減感作療法という方法もあります。この方法は、根治治療に最も近く、治療終了後にも改善が持続する効果があります。

体験談

長い間、スギ花粉に悩まされてきた体験があります。スギ花粉が飛散する2月から4月頃は、くしゃみや鼻水、鼻づまりや、目のかゆみが激しく、特に仕事をしている時に鼻水が出てくることには閉口しました。

今でも、2月が近づいてきますと、憂鬱な気分になります。ただ、それなりの生活改善の効果があったのか、最近は症状が軽くなってきて、以前ほど激しい症状に悩まされることは少なくなりました。

まとめ

アレルギー性鼻炎 初期症状 原因
アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやスギ花粉、ペットの毛などの抗原と抗体がアレルギー反応を起こして発症する病気です。

まず、家の中を清潔にすることや、スギ花粉であれば花粉の飛散時期の防御をしっかり行うことが大事です。また、状況によっては根治治療を行う方法もあります。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ